セックスシマシタカフェラチオと同様

和彫りを入れいる女性はあまりいない

あ~なんかワフクワクするよ電話のコールが鳴る間もハルカはすごく幸せそうに笑っていた。
「いやあ~きっと裕ちゃんも驚くね」私と綾ちゃんも顔をあわせワクワクしていた。そして電話が繋がった………ハルカは私達の顔を見つめニヤニヤと笑った。そして……「あっ裕ちゃん?今大丈夫?今日ね大事な話があるんだよ」ハルカは嬉しそうに話す。
「今日これから会える?会って話した方がいいかも」私達はそんなハルカの会話を黙って聞いていた。
うんじゃあこれから行くね~バイバイそしてハルカはニコニコ笑い電話を切った。
「やっぱりね!こーゆう大事な話は会って話したいからこれから会ってくる」
するとすぐに出かける準備を始めた。
「うんそうだね会って話した方がいいよ」うん「きっとびっくりすると思うけどすぐに喜んでくれるよ」私もそう思うんだぁよハルカは言った。
「なんか私がドキドキしてるよ!!」実花がドキドキしたって意味ないでしょょあはっ!「そうだけどさぁ~だってなんか嬉しいんだもん」あはは~ありがとね「うん!ちゃんと頑張って伝えてね!」はいそしてハルカは嬉しそうに裕ちゃんの所へ向かった。いってらっしゃい私達は笑顔でハルカを送り出した。うん、いってきますそして私と綾ちゃんは2人……ハルカが置いていった検査薬を手に取った。すごいね……。ハルカ「うん、頑張ってもらわなきゃ」
「あっ、てかこれ持っていった方がよかったよね……?」
「確かに……これを裕ちゃんに見せた方がより感動するよね……」
「あ~ああハルカきっと後悔するよ!」本当だね……あはっ「でもさあ好きな人との赤ちゃやんだもんね……きっと裕ちゃんも喜ぶだろうねょ」うん嬉しいと思うよ……「パパとママになるんだもんね……」
「うん……こんな広い世界で2人が出会うだけでも奇跡なのにさあ………」
「そんな2人が結ばれるんだもんね……」
「なんか本当、ハルカが言ってた運命の相手だったんだね」うん本当運命だったんだね「なんかものすごいうらやましいよ!!私にはハルカみたいに幸せになれる自信ないよ……」
「何言ってるの?実花だって絶対に運命の相手いるんだから」本当…………?「うんもちろんだよ綾にだっているもん」!「あはっ、ツッチーって言いたいんでしょ?」そうだよ!その通り運命の相手かあ………本当に私にも居るのかなぁ……?もし………。居るなら……。ヤスがいいなあ。そして幸せな気持ちのままいつも通り仕事をした。きっと今頃ハルカは裕ちゃんに報告をして2人で幸せな時間でも過ごしているんだろうなあ……。私も綾ちゃんもそれを想像していた……。それが間違いだったなんて……。きっとワクワクして出かけて行ったハルカには……これから待っている運命が最悪になるなんて想像もできなかっただろう……そしてこのことがきっかけでヤスとの恋も...切なく苦しいものになっていった……。
それはハルカが出て行ってから3時間が経ったころだった。私は駅前のロータリーでキャッチをしていた。するとタクシー乗り場で降りてくるハルカの姿。
「あっ……!帰ってきたJ」私はハルカを見つけるとすぐに駆け寄った。きっとこれから嫌ってほどノロケ話しでもされるんだろう。そんな感じでワクワクしていた。
「ハルカ~待ってたよお~」すると想像をしてなかったハルカの暗い表情…私はすぐにその変化に気づいた。
守りたいもの

そんな暗い顔して……

えっ……どうしたの?……。なんかえっ?何?ハルカの心細い声に私は不安になった……。
「裕ちゃんにちゃんと報告したんでしょ??」私は確認するように聞いた。

風俗雑誌では取り上

風俗で股間を洪水

うん………「じゃあ何でそんなに暗いの………?」だって……今にも泣き出しそうな声だった……私はすぐにハルカと店に戻った。一体どうしたんだろう……?店に着くと私は待機部屋にハルカを座らせた。
「……。綾ちゃんは今仕事中みたいだね」私はボソッと言った。
その言葉にハルカは何も言わず無言だった。私はその気まずい空気に耐えられず1人部屋をでた。はあ………どうしたんだろう店の階段の踊り場で大きく深呼吸をした。想像もしてなかったハルカの姿。本当は心配で側に居てあげたいのに………私が一番不安になっていた。だけどハルカの居る部屋には戻れずに私は綾ちゃんが終わるのを店のフロントに座り待っていた。
「実花どうしたんだよ?早くまたお客さんキャッチしてきてよ!」店長が言った。
え………今は無理「何が無理なんだよ~今日お客さん少ないんだから頼むよ~」
「わかったよ!後でいっぱい連れてくるから綾ちゃんが終わるまでここに居させて!」すると店長がフロントにあるタイマー時計を確認した。
「うーん綾はあと8分で終わるぞ!」早く終わらないかなぁ……あっ本当?何か用事でもあるのか?うん……。ちょっとねそっかあ……私のいつもと違う様子に店長もそれ以上何も言わなかった。そして8分が経つ……。お客さんを送りにカーテン越しに綾ちゃんが出てくる。ありがとうこございましたぁ店長もフロントから挨拶をする。
またお待ちしてます。そしてお客さんがエレベーターに乗り帰ったのを確認すると私はすぐに綾ちゃんに駆け寄った。……。綾ちゃん!!私の不安な顔に綾ちゃんが気づいた。………。何かあった?……。うん私は待機部屋を指さした。えっ、ハルカ居るの??うん綾ちゃんは驚いていた。……。何かあったの?うん……何かあったみたい
悪いことでも……?「いやわからないんだけど……駅で話しかけた時からもう暗かった」

 

風俗初心者が行き

「えっまさか裕ちゃんに何か言われたのかな……?」
「うんそれしか思いつかない……」本当に………?すると綾ちゃんはハルカの居る待機部屋のドアを開けた。
「よっもうお帰り~??」綾ちゃんは明るく話しかけた。うんえっ何でそんなに暗いわけ?そこにはさっきと同じ暗い表情をしたハルカの姿。その時だった……。
「も……もう………どうしていいのかわからない……」ハルカがいきなり泣いた。
「えっ……ハルカ!ちょっとどうしたのよ!!」私と綾ちゃんは慌ててハルカの隣に座った。ハルカ何かあったの……?「どうしたあ?私達に言ってごらん?」う、うん………ぐすんやっぱり何かあったみたいだ………私達はとりあえずハルカを落ち着かせた。
「ゆっくりでいいから……気持ちが落ち着いたら話して?」うん………もう大丈夫涙で目が真っ赤になっていた。
「あのね……。裕ちゃんに妊娠のこと話したんだけどさぁ……」うん……
「絶対に喜んでくれると思ってたのに……なんか暗くなっちゃって……」
えつ、裕ちゃやんが?「うん……なんか嫌がってるような感じだった……」意味わかんない!はあ?それを聞いて綾ちゃんがイライラし始めた。
「私はね……裕ちゃんの赤ちゃんだからすごく嬉しいんだけど裕ちゃんからしたら違うのかもしれない……」そしてまたハルカの目に涙が溢れた。裕ちゃんはそれを聞いてハルカに何て言ってきたの?「えっ、私は聞いた。距離置きたいって……」
「う~ん……少しマジで言ってるの?」
はあ?「うん……だけど私は産みたいって言ったんだけどさあ……」
「何考えてんだろう!!頭おかしいんじゃないの?」……。だけど突然だったから「そんな問題じゃないよ!距離なんて置いてる間にもハルカのお腹はこれから大きくなっていくんだよ?マジ裕ちゃん許せない……私が言ってあげようか?」
「……。ありがとうでも大丈夫、私は裕ちゃんのこと信じてるから」そのハルカの言葉に私は何も言えなくなった……それを横で聞いていた綾ちゃんも何も言わなかった……「私ね……こんなに好きになった人は初めてなんだぁ。だから絶対にこの子は産むよ……」ハルカはお腹に手をあてながら言った。そんなハルカの姿を見て私は胸が痛くなった……。
もしハルカに何かあったら……裕ちゃんのこと許さないそしてハルカは明日産婦人科に行くことになり、タクシーで家に帰った。
「明日不安なら私も一緒に行くよ?」でも大丈夫だからありがとう
「本当?じゃあ検査結果わかったらすぐに電話してね?」うんもちろん!!
じゃあ気おつけて帰ってねは~い泣きやんだハルカの顔はいつものように明るかったけど……きっと不安でいっぱいだと思う……ハルカを送ると私は部屋に戻った。綾ちゃんはまだそこに座ったままタバコを吸っていた。
「ねぇ……ハルカ大丈夫かなあ?」私は綾ちゃんの横に座った。……。いや何とも言えない綾ちゃんは言った。
「私、なんか裕ちゃんの事が不安だよ……」
「うん距離置くとか意味わかんないよ」
「……。
もしもって事を考えちゃう」……。そうだねきっと綾ちゃんも不安でいっぱいだったと思う。
「裕ちゃんは距離を置いて何をしたいんだろう……」
「……。きっと何か言えない事か嘘をついてることでもあるんじゃない?」それって例えば?えっ?「うーん……他に付き合ってる女がいるとか……」
「……。もしそうだったら許せない」でもなんかハルカの話を聞いて綾は……。本当に?そんな気がしてきた……「うん、そうじゃなかったら何のために距離を置くとか言うのかわからないもん」
「……。ヤスとか何か知ってるかな?」
「あっ、そうだよ!ヤスなら何か知ってるかも……」
「えっじゃあ聞いてみようかな?」

セックスシマシタカフェラチオと同様
風俗嬢を見つけて最高

ピンサロの生き残りの手伝いためにな今後

「まあ、ただ男の友情ってやつが邪魔して何か知ってても黙ってるかもしれないけど……」……。そっかあ「それよりも綾はそんな裕ちゃやんを信じてるハルカのことが本当に心配だよ……」
「本当だね……いくらうちらが悪く言ったとしてもハルカの大好きな人だもんね……」
「……。うんその気持ちもわかるしなぁ」………。
うんそうだね
今の私達もハルカと同じくらい好きな人いるもんなぁ……きっと私達が裕ちゃんの事悪く言ったらハルカが悲しむだろう。その日はずっとハルカのことを考えて1日が終わった……。翌日…………プルルルル~ケータイの音で目が覚める。はいもしもし……眠くて目が開けられない………「あっ寝てた?ごめんハルカだけど………」あっハルカ??「うん………今ね病院終わったんだ」……。そっかどうだった?「うんやっぱり妊娠してたよ……」……。そっかあ私は複雑な気持ちだった。
「……。これからまた裕ちゃんに報告しようと思ってる」
……。そうだよねうん……。私は産みたいから
……。うん「電話でてくれたらいいんだけどさっ」ハルカは苦笑で冗談ぼく言った。えつ……なんか電話番号とか変えられてたりして~あはっ!……。ハルカ「ありえる~って感じだよね!あはっ」そんな事……。言わないでよ私はあまりにも辛くて言った。
「ごめんごめん!じゃあ今から電話してみます」……。うんわかった「じゃあまた何かあったら電話するね!」
うん
バイバイそして電話を切った。ハルカが無理矢理明るくしようとしてるのがわかってまた辛くなった。私は隣で寝ている綾ちゃんの横でケータイを握ったままハルカのことを想っていた。ハルカは裕ちゃんのこと信じてる……。だからそんなハルカのこと絶対に裏切らないでください……。お願いします……。私はこの想いが裕ちゃんに届くように何度も願った。それから昼間になり店も開店準準備を始めた。
「綾ちゃん!!もう仕事だよ!起きて~」私はまだ眠っている綾ちゃんを起こした。……。あ~まだ眠いよお「………。いいから起きて!」
はあ~あ……眠い綾ちゃんは眠い目をこすりながら起きた。
「……。

射精管にもなります

ハルカから朝電話きたよ」えっ何だって……?「………。やっぱりね妊娠してたって」そっか「それでまた裕ちゃんに報告するって言ってた……」……。そっか「なんか本当なら嬉しいことなのに……」
ハルカは産むって?「うんハルカの気持ちは変わってないよ……」そうだよね………「うん大好きな人だもんね………」私達はまた切なくなった……「次ハルカから電話くる時はイイ報告だといいなぁ……」うんそれを祈析ろう……そして店の準備を始めた。私もいつものように駅に向かった。まだ人通りも少ない。私は缶コーヒーを買うとロータリーのベンチに座った。……はあ私もため息ばっかりだ。こんなんじゃ幸せも逃げちゃうな……そんなことを思いながら駅から出てくるキャッチできそうな客を探していた。その時だった!私は息もできなくなるくらい体が固まった。
目に入ってきた前の店の店長の姿。遠くからでもすぐにわかった。……。やばい缶コーヒーを持つ手が震えている……私は見つからないようにすぐにその場から逃げた。そして慌てて店に戻った。
「やばい!今……。駅に……店長がいた」私は興奮してうまくしゃべれなかった。そんな私の姿を見て綾ちゃんも一瞬緊張した……「えっ……今更何しに来たんだろう……」
「わかんない……けど今見つかったらやばいよ……」あの人は本当、忘れた頃に……うん……。ねぇ……どうしょう?「とりあえず……実花も今日は外に出るのやめな」うん…………。絶対何かしてくるはずえっ……怖いよ「あの人……本当に何するかわからないかなぁ」うん……私達は今日一切外に出るのをやめた。待機部屋のテーブルの上にケータイを置いた。
「もしかしたら店長から電話くるかもしれないね……」
うん、ありえる………私達はテーブルの上に置かれたケータイをずっと見つめていた。
「この店で働いてるのバレたらやばいね……」綾ちゃんは言った。
「うん本当だよ……店長なら調べそうだよね」……。探すだろうね「しかも私がよく駅でキャッチしてるのも誰かにチクられたらすぐに居場所がバレるよ」
「そうだね………あの人顔広いし」
「それにこの店にも迷惑かかるよね……」
「うん……それだけは避けたいね」
「あっ、それにハルカにも早いうちに電話しといた方がいいよ!最近何の警戒心もなくここに来ちゃうから!」………。そうだった!私は慌ててハルカに電話をかけた。プルルルルルル~プルルル~何度もコールは鳴るが電話にでない。ダメだ出ない「そっか……じゃあメールだけでも送っておこう」
「うんそうだね!とりあえず危険な状態だから………」そして私はハルカにメールを送った。
綾ちゃんもいつものようにお客さんもついて仕事に入った。私は待機部屋でボッとテレビを見ていた。その間も頭の中は店長やハルカのことを考えていた。もし今ハルカのこの状態で店長が何かしてきたらハルカは精神的に追い込まれて胎児にも影響しちゃうだろう……どうしてハルカばっかり……そんな事を考えていた時だった!プルルルル~テーブルの上に置かれたケータイが鳴った。私は一瞬ドキッとした。そして恐る恐るケータイを手に取った。
非通知][着信……。えっ誰??もしかしたら店長かもしれない……さっき駅で見られたのか?やばい……私の手はまた震えていた。どうしよう………しかしケータイはずっと鳴りつづけた……。私は勇気を振り絞り電話にでた。

会話例と共にシミュ

素人が入っても数ヶ


……。はいもしもし?すると電話の相手がしゃべる。実花??その声はハルカだった。私は声を聞き緊張がほぐれた。
「えっハルカなんで非通知なんかでかけてくるの?」
あっ非通知になってる?電話でるの怖かったんだけど……うん……だから「あっごめんごめん!裕ちゃんに電話してたからさ……」
「裕ちゃんに?非通知で?」
「……。うん私からの電話でてくれなくてさぁ」えっ……?「だから非通知なら電話にでてくれるかなぁと思って……非通知にしたままだった」
「……てか電話に出ないってどういう意味?」
「……うーんたぶん距離置きたいって言ってからだと思うけど……」
「はあ?距離置くって電話もでないって事なの?」そうなのかなぁ……
「ねぇ!!ハルカの好きな人だから悪く言いたくないけどさあ……それおかしいよ!!」えっ……うん「だってさあ!!もし裕ちゃんがハルカのこと好きだったら彼女が妊娠してるのに連絡取らないってありえる?」T..「彼女の体が心配になるのが一番じゃないの?」……。グスン「私……。裕ちゃんの事は信用できないよ」……。う、うん「あっ……言い過ぎた……ごめん」私は気持ちが高まってしまいハルカを泣かせてしまった。
「……。大丈夫、実花の言う通りだもん」いや………ごめん言い過ぎたううん……。ありがとうえっ……?「だって私の事考えてくれてるから……」……うん心配だよありがとう「……。ねぇ?私さあ裕ちゃんのことヤスに聞いてみてもいいかなぁ?何かわかるかもしれないし……」あっ、うん「もしハルカが嫌なら聞かないけど……ちょっと心配で」
「ありがとう………実花にまかせる」本当?わかった!そして私は電話を切った。きっとヤスなら何か知ってるはず……。私は裕ちゃんのことが信用できないから……ハルカのためにも聞きたかった。
……。電話しようプルルルル~すぐに電話をかけた。おっどうした?ヤスはすぐに電話にでた。あっ今大丈夫かなぁ?おう大丈夫だよ!「そっかあ……あのさぁ裕ちゃんのことなんだけど………何か聞いてない?」えっあいつ何かあったの?「うん………何も聞いてないみたいだね………」
「うん悪りぃ~何も聞いてない!」

風俗雑誌では取り上

挿入するような感触があ

「うん結局犯人は先生の言う通りハルカだけどね」あはっそれ内緒そしてうちらは近くのファーストフードに入った。
「あー喉渇いてたからマジ潤った」本当~マジ生き返るわそして食事が終わるとそのまま近くのカラオケに移動した。
「てかうちら服買いに来たのに全然関係ない所来てるからね」
「あはっだって食べてすぐ動きたくないし、ゆっくりメイクしたいんだもん」それは言えてるわそしてしっかり2時間、メイクに会話をしていた。
「じゃあそろそろマルキュー行きますかぁ」了解~結局マルキューに向かう間も途中でアイスクリーム屋に寄って食べながら向かった。
「あっ、実花!このワンピ見て~超かわいいんだけどっ」店に入るとすぐにハルカはマネキンが着ているワンピに一目惚れをしていた。
「確かにかわいいけど、ハルカぼくないよ~」
「えっ~うそ?大人ぽくていいじゃん!」
「大人ぽいけどハルカが着たら水商売って感じ!」それでいいんだけど「えっそうなの?じゃあ買いなよ!」うん買う~「てかハルカちょっと趣味変わったね~」
もっと大人ぼくなりたくてようん……あ一裕ちゃんの影響?
「そうやっぱり年上だしさぁ~私も裕ちゃんに似合う女になりたいの!」あはっ惚れてんね~「当たり前でしょ~運命だもん」キモい「ひどっーいでもヤスだってもしかしたら大人ぽい女の子のが好きかもしれないよ?」
「あー確かに!元カノが年上だった気がする!」
「ほらぁーそうでしょ?なら実花も大人ぽい服装にしたら」
「えっ……でも男のために服装変えるとか嫌だけどっ!」実花!!そのくらいの努力は必要だよ?はあ~?……えっそうなの?「そうだよ!
実花もこれ買うよ」ほら!結局、ハルカとオソロでこの水商売ワンピを買うことになった……「これで実花もヤスを落とせるよ」
ハルカがニヤニヤ笑う「バカじゃん!ワンピくらいで落ちるとか、どんだけ軽いんだよっ」でも次「あはっ会う時は着てみなよ!」
「う、うん…だけどこれで失敗したらハルカを恨むから」えっ……私関係ないし「はあ~?強制で買わしたんだから責任取ってもらうよ?」私がニヤっと笑う。
「うっ……今なら返品大丈夫ですけど?」どんだけ自信なくしてんだよ~あはっだって実花が脅すからっ「脅してねぇーし!!
でも次会う時は着てみるわよ」まぁ、さんざん文句は言ったけど、ぶっちゃけ大人ぽいほうがャスも好きなのかなぁ~?って思ったりもしていた……「あっ、てか私ブーツも欲しかったんだぁ」
「あ一私も買おうと思ってた!今のブーツもう捨てたいんだ……」
じゃあ見に行こううん結局……上から下まで2時間以上ウロウロして買い物を済ませた。あ~マジ満足私も~いっぱい買えたしょうちらの手にはまた持てないくらいのショップ袋の数だった。てかそろそろ休憩~うんマジ疲れたあじゃあまたカラオケ行こう!うんゆっくりしたい~そしてまた同じカラオケに移動した。
はあ~疲れたあてかビール飲みたくね??ハルカが注文しようとした時。私はハルカを見てふっと気づいた。
「ね!!てか今日うちら普通に制服着てるんだけど!」え??ハルカはそれがなんで注意されたのかわかっていなかった。
「高校生には酒なんて飲ませてくれないでしょ?」私はもう一度言った。ハルカが自分の姿を見る。げぇーマジ最悪……「うん失敗したね……買った洋服着ればよかったね」あーマジ失敗!!ハルカが残念そうにイスに座った。
「仕方ないよ!ちょっと休憩したら着替えて移動しようよ!そしたらいつもと何も変わらないしょ」
「だね……。てかもう制服もいらなくね?」
「あ一確かに、もう学校行かないしね!」その時だった。ハルカが何かを思いつく。

外国人は抵抗がないし別

ぽつんとやってる

橋本!!私の顔を見てニヤッと笑うあいつに制服売るってこと?あっ!その通り「それいいねじゃあ私早速連絡するわ」私はすぐにポケットからケータイを取ると橋本に電話をかけた。プルルルー……。はい?「あっもしもしー?売りたい物があるんだけど」今暇かなぁ?
えっなんですか?制服~本当に??うん欲しいでしょ?はいもちろんそしてすぐに向かうと橋本は言って電話を切った。本当に単純でバカな奴。橋本すぐに来るって!私はハルカに言った。あいつも好きだね~本当だねうん……。
てかさ、制服いくらで売る?少しハルカが考える………5万!……。5万かあもっと高く買いそうな気もするけどな。
「どうせ捨てるもんだし、ゴミが5万になれば私はいいや」
まぁ一確かにね「そしたらまたそのお金で洋服もたくさん買えるし」
「あはっまだ欲しいのあった?」うーんないけど「でしょ?もう欲しいのは全部買ったじゃん!」じゃあこれで裕ちゃんに何かプレゼントするあっ!ヘーえいいじゃん。「うん何買ってあげようかなー」ハルカはそれを考えながらワクワクしていた。そして1時間が過ぎようとしていた時だった………プルルルー……あっ、橋本だ!私は電話にでる。
「あっ、すいません……今部屋は何号室ですか?」カラオケに着きました!208号室だよ「わかりました!すぐ行きます!」走ってきたような息の荒い声だった。そして電話を切ってからすぐに部屋に橋本が入ってきた。遅くなりました……やっぱり急いで走ってきたようだ。
「別にいいけど休憩してただけだし」!あっ、ならよかった!「まぁとりあえず落ち着いて座ったら?」はい……橋本がイスに座った。私はジュースを飲み、ハルカはタバコを吸い......その時だった。
「制服って今着てる物ですか……?」うんそうだけど……?ハルカが答えた。
「……本当?

 

この子がアリサの話していた奴隷

すっ、すごくかわいいから……。嬉しい」橋本が興奮していた。
「でしょ?うちの学校制服はかわいくて有名だからさぁ」はい……本当にかわいいです「気に入ってくれたならよかったけど!これいくらで欲しい?」早速ハルカが交渉に入った。
「えっと……すごく気にいったから6万円でどうですか……?」ハルカの決めてた金額より1万円多く橋本は言った。もちろん交渉成立だろう。私は横目でハルカを見た。その時だった………てか、生脱ぎしてあげるから……10万円でどう?ええ~安い!!この女……。どこまで鬼なんだ……10………10万円ですか?さすがに橋本も少しためらっている。

「ねぇーどうするの??欲しいんでしょ?」ハルカは再び聞いた。はい……欲しいです……弱気に答える。
「じゃあ交渉成立!10万円になりまーす」するとハルカはニッコリ笑い橋本に手を差し出した。あっ……はい橋本は慌てて財布から6万円を出すと足りない分はバックの中の封筒から出した。
「……。はい10万円です」ハルカに渡す。
「はい!まいどありがとうございます」
「……。生脱ぎもしてくれるんだよね?」でも恥ずかしいから電気消して実花は終わるまでトイレに居て!うんいいよ!……。了解私はジュースを一気飲みすると部屋を出てトイレに向かった。それにしてもさっきは5万円でいいって言ってたのに10万円にするとは。……。なかなかやるね!私は1人つぶやきトイレの鏡でメイク直しをした。10分経った……さすがにもう終わっているだろう。私はトイレから出て部屋に戻る事にした。部屋の前に着くともう明かりがついている。実花~もういいよ部屋の前に居た私にハルカが気づきドアを開けた。
あっ、着替えたんだ?うんもちろん
ハルカはさっき買った服に着替えていた。私はイスに座ると橋本を見た。うふっ嬉しそうに締麗に制服をたたんでいる。そんなに制服嬉しいの?私は橋本に聞いた。……。
はいもちろん
満面の笑みでこっちを見て笑った。ならよかった……そう!だけど、こんな制服に10万円も出すなんて……橋本ってどんな仕事してるんだろう……フッと疑問に思った。
「ねぇ一前から気になってたけど……橋本さんってどんな仕事してるの?」私は聞いた。普通のサラリーマンだけどええ!!絶対嘘だ。
「てかもっとわかりやすく!!仕事内容は何をしてるの?」パ、パソコンとか……「パソコン?それでどんな仕事してるわけ?」私はさらに聞いた。
「いや……言ってもわからないと思うよ……」
「じゃあわかるように言って!!」そんなやり取りをしている時だった。てか、働いてないでしょ??ハルカが言った。いや……働いてますよ………
完全に慌てている様子だ。
「ヘーえ!じゃあ今日は何でこんな平日なのに仕事ないわけ?」今日は……たまたま別にいいじゃん!本当の事言ってよ絶対嘘だしー!すると橋本はしぶしぶ話し出した……「実は……働いてはいないんです」
「でしょ?じゃあこのお金はどうしてるの?」ハルカが聞いた。
うーん……親からもらったりその年で親からお金えっ?もらってるの?信じられない奴だ。
……。はい「じゃあ月にいくらもらってるの?」……。30万円「へえ?あんたの親は頭悪いの?」それを聞いて私もビックリした。実家金持ちなの?親は………金持ってるからだから働かないの??……。うん「じゃあ今日買った制服の金も??」
「そうですよ………それは別にもらって」30万円以外にももらってるの?はあ?はい………必要に応じてじゃあ金だけ渡されてそれで満足なの?ふーん。ハルカが聞いた。
「……。うちの親は昔から欲しい物は何でも買ってくれました」少し寂しそうに言った。
「ヘぇーすげーうらやましいけどっ」私は言った。

外国人は抵抗がないし別
何も特別なオンナのコたちではないんですいったいどんなコたち

風俗を続けている

すると……。
「全然うらやましくないよ、結局金だけ渡してその金をどう使おうとかまで興味はないんだよ親は……」……どういう意味?私は聞いた。
「だから金だけ渡して満足してるって事。親からしたら橋本になんて興味ないんだよ」
「………。ハルカさんの言う通りです」橋本がうなずいた。
「家で親と会話するのはお金をもらう時くらいです。それ以外で話しかけると嫌な顔されるし……」……。どうして?私にはわからなかった。親からしたら恥なんだよ……ハルカがボソッと言った。
「本当そうです……よくお前はこの家の恥だって言われました……今はもうそれすら言われなくなりましたけど……」
「親がそんな事言うなんて……ひどすぎる」私は橋本の話を聞き悲しくなった。
「実花は幸せなんだよ。本当はこんな親なんて結構いるんだよ」ハルカが言った。そっか……確かハルカの親も無関心だったけ……「うちだってこの前の事件から親は近所の人の目があるからって引越ししたわけだし……」……事件って何ですか?橋本が聞いた。……。薬だよ、薬
「えっ……そんなことしたんですか?」
「別に………ただの興味本位だよ……」ハルカがタバコを吸う。そっか……「うちの親はお兄ちゃんにしか興味ないしね……私が帰ってこなくても心配もしないし……私に興味ないんだよ」
ハルカが少し切ない表情になった。
「一緒です……うちの場合は犬に夢中で……。僕は犬以下ですから」橋本も寂しそうに笑った。私は何も言えずに………ただ聞いてるだけ「だからさ、私はこの家族に必要されてないんじゃないかとか……お兄ちゃんだけ居れば親は満足だもん」僕も……一緒です「なんか自分って誰からも必要とされてないんだろうな……とか思う」そんなことないよ……私は慌てて言った。
「そうですよ!ハルカさんは友達いるだけうらやましいですよ!」
橋本はいないの?「あは………いないです!こんなんですから……」どうして?「だってどう考えたって、この歳で親にお金もらって仕事もしてないんですから……僕みたいな人間はおかしいですよ」
「うんおかしいよ!甘ったれてる!」ハルカが言った。えつ、でも………私が橋本をかばおうとした時だった。
「あんたさぁー自分に無関心な親によく甘えられるね?私なら絶対に頼らないし甘えない。だから今も自分でお金稼いで生活してんだもん!」ハルカがキレた口調で橋本に言った。
「……本当にそうです、僕が一番卑怯なんです………。親にお金ももらってるのに、愚痴を言ったり……」
「わかってんなら、もう少し頑張れよ!!」……。はい「私はさあ…親に偉そうに子供扱いとかされたくないんだよね!だから高校の入学金とかも今少しずつ返してんだよ!」えっそうなの?そんなこと初めて聞いた。
「うんだって偉そうにされたくないんだもん!!私からしたら親とも思いたくないし……」

風俗誌による集客から脱しそのため

ハルカ……まさかそこまで親に対して強い感情があったとは思わなかった。
「だからね……私は絶対に幸せな家庭を築きたいの!あんな親にもなりたくないし……」
「そっか………ハルカならできそうだね」そうしないと親のせいで不幸になりました!なんて言い訳みたくなっちゃうし……うん!……ハルカさんはすごいよ「だからさ……橋本にも頑張って欲しいんだよ!」……。はい幸せになる権利があるんだもん。自分の力でねうちらはさ、幸せになる権利か……橋本がボソッと言った。
「そうだよ?幸せになんなきゃ……」
「……なんか僕は今日まで幸せは人からもらうものだと思っていました……だけどハルカさんに言われて、今までずっと親のせいだけにしてた事に気づきました……」
「うん……私はさぁもう昔に親から幸せとか愛情なんてもらえないものだってって気づいちゃったからさぁ……」……すごいですね「すごくなんかないよ。もし普通の家庭に育ってたらきっとこんな曲がった考えもしてなかっただろうし……」それを聞いて私は胸が痛くなった。ハルカの言う通り、普通の家庭に育った私にはハルカみたいな考えなんて理解できなかったからだ。
「本当ですね、僕もこの家庭に育って欲しい物は何でも買ってもらい、それが幸せで愛されてると思ってたんですけど、そこに愛がなかったって気づいてからは親を利用してやろうとか、そんなんで仕事もしなくなって……」

「うん……そんな考えになっちゃうなんて本当は悲しいことなんだよ」ハルカは言った。
「……だけど、今日僕は自分の力で幸せになりたいと思いました」
「……うん一緒に幸せになろうよ」はい……ハルカと橋本の会話を聞きながら私は涙が溢れていた……本当……幸せになって欲しい私は声にならない声で2人に言った。実花……実花さん……そんな私を2人が頭をなでてくれた。……ありがとうハルカがニッコリ笑ってくれた。
「私は……ハルカのことすごく必要としてるから……」
この世に誰からも必要とされてない人はいないと言うけれど……本当にそうだと思う。
もしそんな悲しいことがあるなら………『私にとってあなたは必要な人だよ』っていってあげたい。2人みたいに愛が欲しいって思うなら私は溢れるくらいの愛をあげたいと思う。もし1人ですごく不安になる時があるなら私は明るい光を持って抱きしめてあげる。だけど本当はね、私の方こそハルカがいなきや強くいられないことの方が多いんだ。辛い悲しみを知ってる人こそ……誰よりも強く優しくて……人を愛してくれると思う
だから絶対にハルカは幸せになれるね……。そして私達は時間まで思いっきり大声で歌った。
「久しぶりにこんなに大声で歌ったよ」と楽しそうに言う橋本を見て私はすごく嬉しかった。プルルルルル部屋の電話が鳴る。橋本!
出て!
あっはい!そして終了時間になった。あー楽しかった。ハルカと私はジュースをまた一気飲みした。
じゃあそろそろ行きますかはい!私達は両手いっぱいの荷物を持つ。……。てか重い辛そうにしてる私を見て橋本が笑った。今日も相変わらず大量だねあはっ、「まあね……年頃の女の子だからさ」うんいい事だJそしてカラオケ屋をでた。
「じゃあ僕は帰りますね!今日はなんか楽しかったです……あっ、またお金必要だったら電話ください!何でも買いますから!」その時だった。
「バカじゃん!もうあんたとの関係は終わり!」ハルカが言った。えつ……悲しそうな顔をする橋本。

セックスシマシタカフェラチオと同様

顔射は禁止としているお店もあることでしょう


ハルカどうして?
私は聞いた。するとハルカはニヤっと笑い言った。
「仕方ないからあんたとは今日から友達になってあげる!」えっ??「だってあんた私と似てるとこあるし……それに友達いないのかわいそうだしょ」それは不器用なハルカの優しさだった……ハルカ……ハルカさん………それでいいでしょ?何?文句ある?少し照れた様子で笑う。
「いや!友達になってください!」橋本は笑いながら頭を下げた。
あはっ仕方ないな!!ありがとうございますそして橋本は嬉しそうに帰って行った。ハルカ……優しいじゃん私はボソッと言った。まあねまさかこんな関係から友達になるなんて…歳も違ければ、お金があっての関係だったのに……たった何時間で深い話をしたら………橋本のこと、そこら辺の大人と一緒には見れなかった……。うちらが一番嫌いで利用したいと思っていた汚いオヤジのはずだった……。その中にもこんな奴もいるんだな……。見た目はただのオヤジなのに……。中身はすごく寂しい人だった…。
だからハルカはそれに気づき……自分に似ている橋本に優しくしてあげたんだ……。
私はそんなハルカの行動にまた嬉しかった……。じゃあ、私これから裕「えっ~ずるい!!ちゃんとデートなんだよね」私はどうなるのよ!!ヤスにでも電話したら?ハルカはニヤと笑った。はぁ?バカじゃん!本当実花は消極的だなぁ!そんなんじゃ誰かにヤス取られちゃうよ?ったく、えっつ!「私みたく幸せになりたいなら積極的になるしかないね」
「……私はハルカみたいにその日にホテル行くとか無理だもん」
「あはっ、別に積極的になるってそういう意味じゃないしょ」
「……じゃあ他にはどういうことすればいいの?」だから普通に自分から電話して遊びの約束でもすればいいじゃん!!「映画とかって普通男の人が誘うもんじゃないの?」映画に誘うとかさ「何その考え!誘ってもらうことだけ考えてちゃダメだよ!」
「だって……誘って断られたりしたらショックだもん」
「まあ断られたとしたら脈なしだね」ええええ~怖い!!「あはははっまぁもう勇気だすしかないね」……。勇気なんてありませんぷっプルルルルル………その時だった。あっ裕ちゃんだ
嬉しそうに電話にでたハルカ。
「あっお疲れ今ね実花と渋谷にいるよお~」さっきとは3オクターブくらい声が高い。楽しそうに話している。それを見て私もヤスが恋しくなった……映画かあ……。
誘って断わられたらショックだもんな……。
そんなことを考えながらバックからケータイをだしてみる。……。電話してみようかなあドキドキ………考えただけで緊張してくる。……。はあやっぱりやめよう私はため息をつきケータイをポケットにしまった。すると電話を終えたハルカがニヤニヤしながら近づいてきた。
「今ヤスに電話しようと思ってたんでしょょ」……ううさすが鋭いハルカ。
「違うよ……綾ちゃんに電話しようと思ってただけだもん」ぷっわかりやすい……うるさいなぁ~「まあ、じゃあ私はこれから裕ちゃんとデートしてくるね」……いってらっしゃいそしてハルカはルンルンで出掛けて行った。