風俗でフェラを始め

ペニスに手を延ばそうとすると乳首

ファッションヘルスランド
「俺はその好きな奴とうまくいってほしいなあよって思うよ」さりげなく言った言葉。それに言い返せない自分がすごく虚しかった。そしてヤスに応援された虚しさも……本当はヤスの側に居たいんだけどなぁ。それから結局店が閉店するまで飲んだ。あ~やベえマジ酔っ払いだわマリオが水を一気飲みする。ハルカも酔っ払っているのか、足元が「おい!フラついていた。行くぞ」大丈夫かあ?ヤスがマリオの肩を叩く。私と綾ちゃんも店を出た。
「今日は本当ありがとう!
楽しかった……」私はヤスとマリオにお礼を言った。
「おう俺も楽しかった!プーさん捨てるなよ」
「うん捨てないよ!本当にうれしかったから……」
「そっか!ならこいつも幸せだなぁ」ヤスが私の抱いているプーさんの頭をポンポンとした。じゃあまた飲もうぜっうんそしてヤスとマリオは駅に向かい帰って行った。私はハルカと綾ちゃんの所に戻る。じゃあ……うちらも帰ろう!うん!
綾ちゃんがニコニコ笑った。
「えつ、どうしてそんな楽しそうなの?」私は聞いた。……いや別によえっ何よー!!「なんかヤスって実花を見る目が子供も見るような感じで接してるからさぁよ」……それ最悪「あはっ綾から見たらなんかほのぼのするよ」
「嫌だ!私、子供じゃないもん……」
はいはい!すいません……。もうそして歩いて3人で店に向かった。ハルカは酔っ払い歩きながら眠っている。
「ハルカ大丈夫かなぁ?明日学校行くのに一」
「あっ、学校行くんだけ?でもこの様子じゃ朝起きないんじゃない?」えっ~困る!結局店に着くとハルカはそのまま倒れ眠った……。(3巻につづく

その横で私と綾ちゃんも横になった。
「はぁ~楽しかった!今日は綾ちゃんありがとうね」
「うん。楽しかったならよかったよ)」私はそのまま目をつぶりヤスの事を考えた。
「……私さあ本当にヤスのことが大好き」ボソッと言葉にした。
「……うん、見てて本当に実花の気持ちが伝わってくるよ」
本当?「てか、マリオが言ったみたいに、ヤスと話してる時だけすごい意識しちゃってるんだもんJ」……。恥ずかしいあはっ「でもさあ……ヤスはまだ元カノのことが好きだよね」
私はヤスの言葉を思い出す。……うーん綾ちゃんも何とも言えない感じだった。
「私今日ヤスの気持ちをまた聞いてさぁ、すごい切なくなったよ……」……どうして?「ヤスさあ元カノと比べちゃって新しい恋ができないって言ってたでしょ?」あー………うん「それってその元カノ以上にならないと無理って事じゃん。私は自信なくしたよ……」……。うーん綾ちゃんも何か考えているのかまったく返事がない。そしてしばらく考えて綾ちゃんは言った。実花が幸せになって、その形を私も見れたら……私の希望になるから綾はね……実花に幸せになってもらいたい!
……。ん?その意味は……?グスンツ……えっ?綾ちゃん泣いているの?私は綾ちゃんの顔が見れない。……綾ちゃん、大丈夫?私は天井を見ながら言った。あっうん…ごめんごめん!……何かあった?私は今日の朝もやっぱり泣いていたんだと確信した。

膣分泌液が充分に満たされる前に風俗にはどんな楽しみを求めています
……何もないよ!嘘つき……本当だって!嘘つき…………いやあ私はすごく心配になった綾ちゃんが泣いた姿なんて見たことないから。
「ねえ、友達なんだから……言ってよ!」私はボソッと言った。……う、うんどうしたのお?すると深いため息をしてからゆっくりと話し始めた……。……うーん何て言うかさあ……うん「私もツッチーの事なんだけどさあ……」
……うん……何て言うかさあなかなか話し始めない綾ちゃん。
「いいよ、言いたくなかったら……」もしかしたら言いたくないことなのかもしれない。
私は綾ちゃんが自分から言ってくれる時まで聞くのはやめようと思った……「いやあ……大丈夫、聞いてくれる?」綾ちゃんが言った。
「……うん綾ちゃんが話してくれるなら」……ありがとう「綾ね………ツッチーの側に入れるなら別にお金なんて全部出してあげてもいいと思ってるの」……。う、うん「でも綾が悪かったのかなあ……」うん?「なんかさぁ昔はね、ツッチーが綾や後輩みんなのお金を払ってくれてたんだけどさぁ……」……うん「今はなんかね、綾が払うのが当たり前って感じでさぁ……。でも別にね、お金なんて綾はどうでもいいの!
そうじゃなくて……。
最近よく遊ぼうって誘われるのも全部お金なのかなあとか思っちゃってさ……」……そっかあ何も言えなかった。私も綾ちゃんにお金出してもらってる……「それでも別にね綾はツッチーに会えればそれでよかったんだけどさぁ…。最近はさぁよくホテルにも行くんだ……」……体の関係??……えっ付き合ったの?「付き合ってたらこんなことで悩まないよ……」
そっか「……なんかさぁ今のこの暖味な関係がすごい辛くて……」グスン………綾ちゃんが泣いている。………ごめん私からでた言葉。全然気付いてあげれなかった。
「……なんで実花があやまるのよお……でも自分が全部いけないのはわかってる。綾はツッチーとの時間をお金で買ってたんだもん……」……そんな事ないでしょ?「いや、買ってたよ。もっと側に居たいって思っちゃうんだもん……」……綾ちゃん私も側に居たいと思う気持ちは痛いほどわかる。だから……聞いてるのが辛い「しかも聞いてよ、ホテル代も綾が払ったり……。
本当自分がバカだと思うよ」
「……。えつ、それはどうして?」
「綾はね、ずっとツッチーが大好きでだから隣に居るだけでも満足だったのに……。前に酔っ払た勢いでツッチーが綾にキスしてきたんだ……」うん………「そしたらさあ……もっとツッチーに触れたいって思っちゃって、ホテルに行こうって言われたから……綾は嬉しくて」……うん「でもさあ悲しいのが気持ちが違うんだよね……」……どういう事?「……綾はね、ツッチーが大好きだから本当にその時間が幸せだった……けどさぁツッチーからしたら綾はただの女友達の1人だもん……」
「でも、ツッチーも綾ちゃんを想ってのことかもしれないじゃん……」
「……あはっそう言ってくれるの実花だけだよお」

デリ嬢のお尻にお浣

……どうして?
「ツッチーはね、綾の友達ともそういうことしてんだよ……」えつ……嘘私はもう意味がまったくわからなかった…「だからさあ綾がいくらツッチーとホテルに行ったからって付き合ってなんて絶対に言えないの……」……。どうして?「……うーん、そしたら多分友達としてももう居てくれないんじゃないかなぁ……」……意味が全然わかんないよ「……なんて言うかさあ、それ以上は求めちゃいけないって言うか……それが暗黙のルールなんだよ」そんなの綾ちゃんだけが辛すぎるよ……。
……そんなのありえないよ私は自分のことのように悲しくて……涙がとまらなかった……。
「ありがとう。でもさぁ全部自分が悪いんだ……」……。悪いわけないじゃん「……綾がさあそれ以上を求めたくなっちゃったからさあ……」……それが普通じゃん!「だけど綾はそれを求めて、もうツッチーに会えなくなるなら今のままが幸せだよ……」……そんなの嘘そんなの幸せなんて言わないよ??………幸せだよ綾ちゃんがまた声を震わせた…。
「そんな、悲しいことなんてないよ……」私は言った。
「でもね、こんなこと理解してくれないかもしれないけどさあ……ツッチーの人生の時間にちょっとでも自分が関わってきたって思えたら嬉しいんだあ……」
人を好きになるって……こんなにも辛くて、すごい深い
「……なんか綾ちゃんの話し聞いたら私なんてまだまだだなぁ……」
「……あはっ、何言ってるの?綾は特別だよ。実花はちゃんと幸せになれるよ」
「……私は綾ちゃんも幸せになってくれなきゃ意味ないよ」
「……うん、なるよ!自分なりの幸せの仕方でさぁ」そっか……「暖味な関係でも綾は幸せだよ……」……うん「あーすっきりした!実花に話し聞いてもらってさぁ」……そっか無理して笑うことないのに……切ないよ……「はぁ~じゃあもう綾は寝るから!
おやすみ~」……おやすみ綾ちゃんは寝たフリしてたけど………本当はまた泣いていたの知ってるよ……。お金で買う時間………それが間違ってるとは思いたくもなかった。そして私もそのまま眠った………。翌朝…………。実花!!起きて~私は元気なハルカの声で目が覚めた。……あっうん「ちょっと!学校行くんでしょー?実花が言ったんだからね!」忘れてた「えっ!ほら、制服取ってきたから着替えてさっさと行くよ!」忘れてた?もう!
ハルカは昨日預けたコインロッカーから私の制服も持ってきてくれた。……ありがとうそして私は5分でシャワーを浴谷びた。

ペニスだけじゃない風俗嬢のお尻を藤木私スッピンで行くわ……えつ、本気?うん、学校でメイクする!!……じゃあ私もそうするわそして2人、久しぶりに制服に着替えた。
「うわあ~うちらマジ高校生だね」
「マジだぁなんか気分が若返る」なんか変な感じあはっ!でもスッピンだよ……うっ、もう仕方ないよじゃあ行きますかぁ!いえ~い私達は寝ている綾ちゃんを起こさずにそっと店をでた。
そしてそのまま駅からタクシーに乗り込む。やっぱり朝の通勤ラッシュの電車には乗る気にはなれなかった。○○高校まで!……はいよきっとタクシーのオヤジも通学にタクシーを使ううちらを見ておかしいと思っているだろう。タクシーに乗って15分久しぶりの高校に着いた。校門の前でタクシーを降りる。それを見て何人かの生徒が私達を変な目で見てくる。
「ウケる~!見てくるんだけどっ!」私は同級生か先輩かわからないが聞こえるように言った。
「あはっ実花!仕方ないよ~こいつら満員電車で来てんだから」あははっ確かに~うちらは笑った。
「あっ、てか教室入る前に一服させて」ハルカがスクールバックからタバコを取り出し火をつけた。そしてそのまま校門をくぐった。てかうちら教室何階だっけ?あっ、マジ忘れたぁ!「ぷっ、じゃあ教室にたどり着けないんだけど」
そして玄関に入る。
「ロファー置くロッカーどこだ?」いや忘れたあじゃあもう仕方ないわ!うちらはロファーを履いたまま校舎に入った。そしてブラブラ歩きなんとか教室を見つけた。教室に入るとハルカは黒板でタバコの火を消してチョークの横に吸い殻を並べベた。
ハルカも鬼だね「いやあ~久しぶりの学校だからさぁ」そして1番後ろの席に座った。
「確かここ私の席だったよーなぁ気がする!」そして机の中を覗く。
「あっやっぱり!私の入れといたCDが入ってる!」ハルカが言った。それにしてもまた人数減った……?教室には本当に20人も生徒は居ない。残っているのはオタクぽい奴らだけ。
入学してきて目立っていたヤンキーはまったくいない。
「へぇ~マジこの高校本当バカなんだね!」
「うんうちらが受かるくらいなんだからバカ学校だよ」
ぷっ……そしてチャイムが鳴った。
「えっこれから授業でも始まるの?」そうじゃないの?すると担任の先生が教室に入ってきた。おはようございます!T......シーン……小学校じゃあるまいし、おはようございますなんて言う奴は1人もいない。
先生も慣れてる、強要はしない。その時だった……お前ら久しぶりに学校来たか!おっ、いつもは居ないうちらの姿にすぐに気付いた。ういーす私は軽く手をあげて挨拶をした。
「……お前ら後で話しあるからな!」めんどいからっ!えっ?ハルカが言った。
「何がめんどいだ!!ふざけるな!!」すると先生が怒りハルカを現む。きゃあ~こわぁいそれに対してハルカはふざけて笑った。
ったく、お前らは………
まだ何か言いたそうな感じだったが授業を始めた。
「ぷっ、マジあのハゲウケるなぁよ」ハゲとか言うなしい~あははっうちらはそんな先生を挑発しまくった。その時だ。
「誰だ!!ふざけやがって!!」先生がさっきハルカが置いたタバコの吸い殻を見つけキレた。……バレたじゃん「あはっ面白いから怒らせておこう!」そしてうちらは笑いをこらえ先生の方を見た。
「おい!お前らのどっちだ?」先生は確実にうちらが犯人だと思っている。
「えっ?全然知らないんだけど!」てか、うちらじゃねーし!言い返した。
「何言ってんだ!

ペニスをつく男性が女性のヒップをわしづかみすでにパンツは濡

こんなことするのはお前らしかいない!」その言葉に私はキレた。じゃあうちらがやった証拠はあんのかよ?はあ?「証拠も何もお前らしかいない!!」
「ふざけんなよっ!てめーみたいのが先生だからみんなこんなクソ学校辞めるんだろーが!」
「ふざけてるのはお前らだ!学校も来ないで!!」
てめーが担任じゃなかったら毎日来はあ?てるし!私達は廊下に響き渡るくらいの声で怒鳴り散らした。すると隣の教室から違う先生が様子を見に来た。どうかしたんですか?
「いやすいません!ちょっと……」
「あっそうですか。まぁ、授業中なので静かにお願いします」申し訳ありません!先生があやまる。そしてその先生が教室に戻った時だった。
「お前ら2人とも教室から出ていけ!」先生がうちらの席の前に立つ。
「はぁ?意味わかんないんだけど?」
「授業を邪魔する奴らは教室を出ろって言ってんだ!」そして廊下を指さした。
「てめーこっちは授業料払ってんだろうが!」
「何言ってんだ!もう何ヶ月も学校に来てないくせに!」
「それは金払ってるんだからてめーに文句言われる筋合いねーから!」
「ふっ、親に金払ってもらってる子供がなめた口聞くな!!」
「なめた口聞いてんのはてめーだろ?その金で給料貰ってんじゃねーの?」……。うるさい!「てか、悪いけど!稼いでるから!」うちらあんたよりも金あるし!何言ってんだ!「だからあんたよりもうちらのが人間として価値があるってこと!」お前らみたいなバカと一緒にすんな!ふざけるな!その言葉にハルカがキレた。
「はあ?バカなのはお前みたいなエロおやじ達だろがあ?」そしてハルカが自分の机を思いっきり蹴った。痛!!何するんだ!!机が先生にぶつかった。
ぷう!超~ウケる
私は笑った。
「本当にお前ら……ふざけたマネしやがって!!」するとキレた先生はハルカの手を引っ張り教室の外に連れて行こうとした。ふざけんじゃやねーよハルカは抵抗し手を振り払う。
お前ら帰れ!!「言われなくて帰るわ!!てめーマジ覚えとけよっ」ハルカは先生の胸ぐらを掴み声をあげた。そしてバックを持つと教室のドアを思いっきり蹴り廊下に出て行った。私も慌ててハルカの後を追う。
「てめ一体罰でチクるからな!」私も怒鳴りイスを蹴り飛ばした。そしてうちらは廊下に響き渡る声で発狂しまくり暴れ学校を出た。あーマジ絶対許さない!ハルカがイライラしタバコを吸い始めた。

セックスを想定して

「……マジ辞める時あいつに体罰されたとか言ってやる!」うちらはしばらく校門の前にいた。
「あーダメだイライラがとまらない!!」
「私も!!てか今もう辞めよう!ムカつく!」うん私も今思った!そしてうちらは再び学校に戻った。ロファーも履いたまま、向かうのは職員室だ。ガチャ……授業のない先生が何人かいる。お、用事は何だ?1人の先生が近寄ってきた。
マジ辞めてやるから!「体罰された!校長どこだよっ」私は怒鳴った。
「えっ、ちょっと……落ち着け!!」先生が慌て始めた。あんたには用ないから!どいて!
ハルカが先生を振り払うとズカズカと校長室に向かった。私も一緒にイライラしながら。そして校長室に入った。
あっ、どうした?うちらの怒鳴り声が聞こえていたのか校長は動揺している。
「すいませんが、担任に体罰受けたのでうちら学校辞めます!!」ハルカが言った。
「この事はPTAに言うしあの先生にはうちらと同じ学校辞めさせて欲しいんだけどっ!」私は校長をニラんだ。
「えっ……体罰ってどう言うことだ?落ち着いて一からちゃんと話してくれ!」ちょっと、まったく状況を読み込めない感じだ。タバコの吸い殻が黒板の所に置いてあったのを証拠もないのにうちらのせいにして犯人扱いはするわ、うちらの机の前にきて大声でお前ら学校くんなみた「だから!!いに怒鳴られたし、完全な体罰だね!!」
「うんマジあのやろ一頭悪いんだよ!」
「だから、うちらももうあんな担任に授業なんてしてもらいたくもないし顔も見たくないので今日で学校辞めます!」そう言うとうちらは校長室を出た。
「今日までありがとうございました!ここで学ぶことは1つもありませんでした!」嫌味を言ってやった。
「おい!君達ちゃんと話そう!落ち着け!」校長が慌ててうちらを呼び止める。さようなら~
うちらは振り返えらず学校を去った。
どっちにしろきっと親には連絡されるだろう。だけどもう、うちらはこの高校校に用はない。そして校門をでるとすぐにタクシーをつかまえた。
「はぁーマジ早起きして来るんじゃなかった!」ハルカがため息をつく。
「本当だね……私なんてまだイライラしてるよ」本当にあいつが学校辞めさせられればいいのに………私も!それを願うわ!結局そのまま店に戻った。
「てか、この制服のまま店戻れなくない?」
「……確かに!未成年って丸出しだもんね」
「じゃあどっかに服でも買いに行こうか?」
あーそうしょうよ結局またそのままタクシーで渋谷に向かった。
「てか昼前から行動してるなんてうちらマジすごくね~」
「うん!こんな早く起きたの久しぶりだし!この時間の渋谷も初めて」そして渋谷に着いた。
タクシー代は私が払う。
「なんか実花にゴチってもらうって変な感じ」
「だよね~私いつもゴチってもらう派だし」あはははあ~そしてそのままセンター街へ腹減った…「うん朝から結神的にも体力使ったしね」
「本当だよ~あのクソ男のせいでさ~」
「てか今頃、うちらの親に連絡してるかもね」
「確かに~!でもこっちは証拠もなく犯人扱いだこれで本当にもしも、うちらじゃなかったらもっと暴れてるよね」もん!

      騎乗位はどう腰を動
      援交に精を出している人妻デリヘル嬢援交
      風俗で生きるなそん


風俗嬢のお尻を藤木 風俗でフェラを始め セックスに関する様々な文献や意見を調べてき