外国人は抵抗がないし別

ピンサロにも花び

手コキはしてくれたりします

えっ……誰だろう綾ちゃんは恐る恐る……ケータイを取り出す。……。うそおええ?綾ちゃんがケータイの画面を私に見せた。うそお……。それは今噂していた前の店長からの着信だった…………。マジで?私も綾ちゃんも固まったまま放心状態になった……そして鳴り止まないケータイの音。
それを静かにポケットにしまった……
もしでたら……??きっと……。そしてそのまま綾ちゃんの地元に着いた……楽しみにしていたはずの綾ちゃんもすっかり落ち込んでいる。
「……。とりあえず待ってるから行こう」私達は無言のまま店へと歩きだした。きっとこの時2人の頭の中はこれから始まる恐怖で………飲みにいく気分ではなかった。それでも店に着くとツッチーと後輩達が居たのでいつものように綾ちゃんも接した。お待たせ!ごめーん!綾ちゃんが申し訳なさそうに席についた。すいません……私も一緒になり謝る。
「俺達も20分くらいしか待ってないし!もう飲んじゃってたから大丈夫」すでに気分の良さそうなツッチーの姿だった。実花さん久しぶりっす後輩の1人が私に声をかけてくれた。久しぶり~何度か会ったことはあるが名前が思い出せなかった。綾~こっち座れ!するとツッチーが自分の横に綾ちゃんを呼んだ。あっはいよ嬉しそうな綾ちゃん。そして話しかけてきた後輩が私の横に座った。全員で5人。乾杯するので生ビールを5杯頼んだ。
じゃあお疲れ~ツッチーの掛け声でみんな乾杯をした。はあ~おいしいいつもならぶぷはぁ~うまーい!!と言っている綾ちゃんがやはりツッチーの前だと女の子になっていた。そんな姿を私は微笑ましく思った。てか綾は最近稼いでるの~?ツッチーが聞いた。まぁね相変わらずたくましいね「じゃあ今日は綾のゴチでいいのかなぁ?」
ツッチーが笑いながら言った。まぁ冗談で言っているんだろう。
「はいはい!!いつも綾が出してるでしょ~」その言葉に綾ちゃんも笑って返事をした。
「おう!じゃあ今日も綾のゴチだからお前らも飲め~」ツッチーが気分良く後輩達に言った。マジっすかあ~ゴチです~ツッチーの言葉に後輩達もノリ良く答えた。そんな姿を綾ちゃんは笑いながら見ていた。
「はいはい!たくさん飲んでください!!」いえ~いじゃあ俺さっそくまた生で「はいよ~!お腹も空いてるんじゃないの?」実花は?綾ちゃんが気を使ってくれる。うん空いた………「はい!選びな!今店員呼ぶから!」
すると横に居る後輩がメニューを取ってくれた。
セックスに関する様々な文献や意見を調べてき

クリトリスも一緒

あっ!
ありがとうよ
俺ポテト頼もう私も今ポテトって言おうとしたんだけどマジで?でしょ?ポテトだよなうんそして綾ちゃんが注文をしてくれた。それから楽しくあっという間に時間は過ぎた。
「てかもう完全に酔っ払った………」横に居た後輩はもうすでに出来上がっていた。
そしてその場で積になり眠ってしまった。ねぇー寝ちゃったんだけど?「あーいいよ寝かしてやってて!」うんそうだね……そしてもう1人の後輩もすでに酔っ払い気分が良さそうだった。
「てか綾~今日このままホテル行こう!」その声に私はハッとした。しかしそのままツッチーと綾ちゃんの会話を聞いていた。うーん……今日はなぁ……「何言ってるの?行くぞ!!」
「だって今日は実花も一緒だし……」
「大丈夫だよ!あいつに送らせるからちゃんと!」でも……綾にとって俺はそんなものなの?何だよ?ええ?何それ……「じゃあ俺別に違う女の子でも誘おうかな」
……ツッチー「どうするの?行かないの?」
行くの?うんわかった………行くよその綾ちゃんの声はとても切なそうだった…。私はそのまましばらく寝たフリを続けた。綾ちゃんの好きな人だもんね…。断ることの方が辛いよね……。そんなことを思いながら私も胸が痛くなった。そしていつのまにかそのまま眠ってしまっていた。実花~!帰るよ??起きて!!私は綾ちゃんの声で目を覚ました。はあっ!?寝ちゃった……私が起きるとその横でツッチーも後輩を起こしていた。おい帰るぞ!起きろ!……。あいカナリ酔っ払っているようだ。そしてもう1人の後輩がその子を肩に担ぎ店をでた。
お会計はすでに済んでいた。……綾ちゃんお金いくら?私はバックから財布を出すと聞いた。すると綾ちゃんが私の手を引きツッチー達から離れたところに連れて行かれた。
「お金は綾が出したから問題ないんだけど……あのさあ」綾ちゃんが言いにくそうな顔で言った。
「今日これで1人で帰ってもらっていいかな?
綾またこれからツッチーと飲むんだ……」すると手には1万円札を握らされた。
「うん全然いいんだけど……この1万円は何?」私は聞いた。
「いや先に実花だけ帰らせるの悪いからさ……タクシー代」
「えっ?そんなのいらないから!」私は綾ちゃんに1万円を返した。
「本当これは気持ちだから………」何で友達なのにそんなことで気を使うの?はあ?バカじゃん!実花……「私にだって好きな人いるんだよ?綾ちゃんの気持ちわかるんだから本当気使うのやめてよ!」うん……ありがとう「2人っきりで楽しんできてね」うんありがとうそして綾ちゃんとツッチーは2人夜の町へ消えて行った。私も1人駅に向かいタクシー乗り場に向かった……。

 

風俗やってる子で貯

オナクラと言われる理想を叶えてくれるジャンルもあるので楽しいですその時だった……プルルルルー私のケータイが鳴る。はい?もしもし「あっ……実花?ハルカだけど……」ハルカ?大丈夫?……。裕ちゃやんに聞いたよあっ……本当「うん……私どうしたらいいのかなぁ?どうなっちゃうのかなぁ?」その言葉を言った瞬間ハルカが泣き出した。ハルカ……大丈夫……だから……。グスン「今から会いに行ってもいい……?」………。うんグスン
すぐ行くから!「じゃあ今行く!待ってて!」……。
ありがとう
こんな時かけてあげる言葉が見つからないから……側に居てあげる方法しか思い浮かばなかった……私は電話を切るとすぐにタクシーに乗り込んだ……ハルカ………待ってて……すぐに行くからね……。そして20分くらいかかりハルカの地元に着いた。プルルルルルーすぐに電話をかけた。
「ハルカ………?着いた!」
「あっ、ありがとう!今ねもう駅に居るんだけど実花どこ?」
「私ね今スタバの前に居るよ!」じゃあ今そこに行くから待っててわかった!はいよ~!!そしてすぐにハルカが来た。実花~!遠くから私を見つけて小走りで駆け寄ってきた。ハルカ……来てくれてありがとう……ハルカの顔を見ると泣いていたせいで目が赤く腫れていた。そして缶コーヒーをくれた。ありがとう………「実花さあそこのカラオケに行かない??」
うんそうだね……
2人無言のまま店に向かった。なんて話していいのか……わからなかったんだそしてカラオケに到着。ハルカが受付を済ませると部屋に入った。はあ~……私は少し酔っ払っていた実花飲んでたの?「うんちょっと綾ちゃんとツッチー達とさあ!」
「そっか!それなのに来てもらっちゃって悪かったよね………」
「何言ってるの!私も綾ちゃんもどれだけハルカのこと心配してたか……」
「………本当?すごい嬉しい」
「当たり前じゃん!!友達だもん!!」するとハルカの目は涙で溢れだした……「……私、今本当に自分でもどうしたらいいのかわからないくらい辛いよお」
……。うん「だから……実花と綾ちゃんが今私を心配してくれてることが本当に嬉しくて……」……。うん「私は、こんなこと親にも相談できないし……家にも居場所はないし……」うんそんなハルカの言葉に胸を経め付けられる……私も悲しくて一緒に泣いてしまった「私ね……裕ちゃんのことは今でも運命の相手だって思ってるの……」
こんな裏切りをされてまで、信じているハルカ。
「……。私ってバカなのかなぁ?」涙いっぱいで私の目を見てハルカは言った。その純粋な瞳に……
私は余計何も言えなくなった……きっと傷つけてしまうと思ったから……「ハルカがそう思ってるなら運命の相手なんじゃないかなぁ……」
「うんありがとう……だけど……幸せにはなれなそうだよね」苦笑いしながら切ない表情で言った。……。幸せかあ私には何を幸せというのかわからなかった。裕ちゃんが奥さんと別れてハルカと結婚することが幸せなのかなぁ?「でもさ……奥さんが居るって聞いて……それでも裕ちゃんのことが好きなんだ……」……。すごいねぇ「すごいって言うか………本当に私には裕ちゃんしかいないんだよ……」T...「やっと見つけたの……本当に一緒に居て心から安心できる人……」……。そっかあ「実花も綾ちゃんもわかるでしょ?今好きな人いるんだもん……」

風俗感覚を大切にして海外

下着の底に浮かび上がった濡れてるよお姉ちゃんえっ……私うん……「ごめん……私なんかハルカと比べられないよ」どうして……?「私はハルカみたいに………そんなに自信持って好きとか言えないから」
「……。同じだよ1人の人のことが好きなんだもん……」!いや全然違うよ……。ハルカと比べたら……私なんて気持ちの重さが違うそう思った。
「でもね……裕ちゃんはさっき電話で言ってくれたの……」
少し嬉しそうに言った
何て……?「今俺が一番愛してるのはハルカのことだって……」……。うん「だから今はちょっと時間がかかるけど必ずハルカと結婚したいって……」……そっかあ「私は……その言葉を信じたいんだよね」……そっかあ「うん……今は辛いけど……この先、裕ちゃんが隣に居てくれるなら私は今は我慢できる」
「すごいねぇ……そんなに裕ちゃんのこと信じてるんだね」
「てか……信じることしかできないよ……」うん……「そうしないと崩れ落ちゃうもん……」うんハルカの言葉を聞いて、少し安心した気持ちと心の中で裕ちゃんにまだ少し不安があった。
「……でもねやっぱり正直、結婚してるって言われた時は本当に悲しかったんだ……。悲しいって言うか私は裕ちゃんにとって一番じゃないんだ……って」
一番じゃないって?「……ほら私にとっては初めての結婚だけど裕ちゃんは2回目になるわけじゃん?」そっかあ……「まあ、そんなの気にするなって言われたら……気にならないけど……」うん……「でもさあやっぱり好きな人とは何をやるにしても自分が一番の女の子で居たいって思うんだよね……」うんそれあるかも……「でしょ?まぁそこだけがちょっと悔しかったんだけどさあ……」うん……「でもね!私が一番なこともあるのよ」何、何??
するとゆっくりハルカがお腹を触った。赤ちゃん……あっそっかあ「うんこれだけは私が一番だもん」ハルカが嬉しそうに笑う。よかったねそんな嬉しそうに笑うハルカの顔を見て私も嬉しかった。
「うんだから本当に泣いてないで……今を乗り越えなきゃね」
「ハルカ……なんか強くなったね!」
そうかなぁ……?うん「もし強くなったとしたらこの子のおかげかも」そしてまたお腹を触った。
「赤ちゃんのおかげってこと……?」
「そう……この子がいるから私が強くならなきゃみたいなぁ」
そっかあ……すごいね「うんママが泣き虫だったら赤ちゃんに心配かけちゃうもんね!」本当だねうんそんなハルカの顔はすごく幸せそうな顔だった……「まあ……これからもきっとまだまだ泣いちゃうこともあると思うんだけどさ……」うん「でもその時は赤ちゃんにも助けてもらう」後、実花と綾ちゃんにも「うんそれはもちろんだよ!ハルカが辛い時は今日みたいにすぐに来てあげるから!」

エッチしている作品も少なくない


実花……ハルカの目に涙が溢れる
あ~もう泣いてるじゃん私は笑いながら言った。
「だって……だって嬉しいんだもん」ハルカ……「こんな友達ができると思わなかったからぁ……」……それは私もだよ!「本当………?実花は私が友達でよかった?」
「バカじゃん!当たり前でしょ」嬉しい……あはっ「私だってハルカと綾ちゃんは………特別な友達だもん」それって親友ってこと?私はちょっとテレながら言った。
そうかなぁ親友「あはっ本当に嬉しい……」
「うん!だから私はハルカと綾ちゃんのためなら……絶対に何かあっても助けてあげる!」
「実花……。私も、私も2人のためなら何でもできる!」ありがとう実花こそ………ありがとう「あはっ!うちら何熱く語ってるんだろうね」
「えついいじゃんすごい嬉しいんだもん」そう?ならよかったぁそしてハルカに笑顔が戻った時。私はまだ言わないといけないことがあった。それは店長がまたあの町に現れたこと……本当はこれ以上………だけどハルカに何かあったら遅いから……
やっぱり言わないと……「ねぇ……そう言えばハルカに一応言っておこうと思って……」
私はさっきよりも少し低いトーンで話す。えっ何??ハルカが少し不安になったのがわかった。
「いや……実はね今日店長のこと見たんだ」店長……?ハルカの中で忘れかけていたんだ………「うん店長!前の店の……店長だよ」その時ハルカの表情がハッとなった。えっ?どこで?「駅のロータリー……本当にびっくりしたよ、私すぐに逃げたんだ」……えっ今更何なんだろう「う~ん……今更だから怖いよね」
「……でももう私には関係ないよ!」ハルカは少しイライラした表情になった。
「うんそうだけどさ……一応ハルカに何かあったらいやだから伝えとこうと思って」
「……ありがとう!だけど私………あいつのこと本当に許せないから!」
「もちろん………私だって同じだよ!」そして私は昨日道でもらったチラシをハルカに見せた。ちょっとこれ見て………あまり見せたくなかったけど………やっぱりハルカに知ってもらってた方がいいし………何これ?チラシを手に取るとハルカの顔が一気に青ざめていく......「これ……昨日ね歩いてたらいきなり違う店の社長に渡されたんだ……」
こんなことするんだ……ハルカは少し戸惑っているようだった。
「うん………ひどいよね!こんなことするんだもん」
「この子……どうなっちゃうんだろう……」ハルカもその子に自分を照らし合わせたんだろう……「使えるだけ使って……捨てるって言ってた……」

風俗でフェラを始め

落ち着いたのが人妻デリヘル

デリヘルを調べてみてください流れとしてはお店に予約を入れます私は社長から聞いた事を話した。
「……本当、汚いことするね……」その言葉にハルカもイラッとした表情になった。うん……本当に許せないよ!「この人……うまく逃げて欲しいなぁ………」ハルカは願うように言った。私もそう思う……「そして私も絶対にこのまま逃げるから……」
うん……協力する!「実花とか綾ちゃんには迷惑かけないようにするから……」迷惑なんてうちら思ってないから!何言ってるの!「でも……私を捕まえるためなら実花や綾ちゃんのことだって……」
「まあ確かにあの店長ならありえるかなぁ……」
「でしょ……?そうなったら覚悟はできてるから……私、店長と直接会って話すから……」
「……バカじゃん!そんな事したら……」
「でも……大切な友達に手出されたら……許せないから………」
「ハルカ……うちらは絶対大丈夫だから!ちゃんとお腹の子供を守ってね!」
「うん……それもそうだけどさあ……ありがとね」
「ううん!とりあえずハルカは今はゆっくり体調整えてね!」うん……ありがとう
そして私はハルカを家まで送りそのまま店に戻った。深夜の駅のロータリー。まだポツポツ……とキャッチの人が立っている。私はそこをタクシーで通りすぎ店の前で降りた。そして店のドアを開けるため鍵を取ろうとした時だった……。店の中から聞こえる声…。
「店長……もう帰ってきたのかなぁ?」ドアの鍵は開いて、フロントの奥でなにやら誰かと話しているようだった。私はソッと店に入るとゆっくり待機部屋に入った。
そして聞こえてくる会話を聞いた。
「だからここはうちが買い取るから、それで借金チャラにしてやるよ!」借金………?買い取る……?私はすごく不安になった。そして聞こえてくる店長の声。
「じゃあ……うちの女の子はどうなるんですか?」
「いいよ!そのまま使ってやるから!」はあい………「まあ、とりあえず社長の借金返してもらわなきゃこのまま社長は監禁したままになるわな」その男は笑いながら言った。えっ……はい怯える店長の声。私もその会話を聞きながら恐怖布で体が震えた。
「じゃあまぁ来週辺りからこの店も新しくリニューアルするからよろしく」……。わかりました「まぁお前はそのまま店長として使ってやるから」