乳首をコロコロと転がす

現実はそんな簡単射精はしないそうだ

潮吹きしやすくする方法女性の体

そっかあ……実はさあ……おう………?「ハルカいるでしょ?裕ちゃんの彼女!」うん……妊娠したんだよね……裕の子なの?えっ!?うん………それマジで?そう……それでねその事をハルカが裕ちゃんに話したら距離置きたいって言われたらしくて……電話にもでないの!……。あー裕ちゃんに他に女でも居るんじゃないかって思ってるんだけど……?私はね?
私はヤスに疑うように聞いた。……。うんするとやっぱりヤスの態度がいきなり変わった。
「……。もしそうなら本当のこと教えてくれないかなぁ?」
「……。あのさぁ今から会える?」えっ……今?「ちょっと会って話したいんだけど……」
「……。わかったじゃあヤスの地元の方に行くよ」
「いや実花の所に俺が行くよ!」
「いやあ………今ちょっといろいろあって……私が行きたいんだけど?」
「……わかった!じゃあ駅に着いたら電話して?迎えに行くわ……」うんじゃあ後でね!おう!そして会う約東をし電話を切った。だけど今のこの状況……。普通に店をでて駅に歩いてたりしたら店長に見つかってしまう可能性がある。
「……。タクシーを店の前に呼んですぐに乗り込むしかないなぁ」それくらいしか思いつかなかった。きっと綾ちゃんに話したら止められるだろう……今仕事中のこの時に行くしかない。私はすぐに店の前にタクシーを呼んだ。持っていたサングラスも変装のためにかけた。そしてタクシーが来るとすぐに乗り込んだ。周りを見たが店長らしき人はいなかった。……。ふう緊張した。
そして10分ほどでヤスの地元の駅に着いた。タクシーを降りると一応警戒しながら駅の階段の後ろで電話をかけた。プルルルル~プルルルル~
おつ!もう着いた?すぐにヤスがでた。
「うん今着いた!駅にいる!」
「わかった!俺も今駅前のスロット屋にいたからじゃあ今から行くわ!」うんじゃあねそして5分くらい経ち……ヤスが駅に着いた。ヤス~!!私は階段の横からヤスの名前を呼んだ。その声に気づくとヤスが近づいてきた。おっお待たせ!うん大丈夫!じゃあどっか店に入るか!うんそうだね……そしてヤスと2人……駅前のファミレスに入った。席に着くと何故だか一気に緊張した……。やばい2人きりで会うなんて初めてだった……。だけどヤスはそんなこと気にもせずメニューを見ている。私はそんなヤスの目の前に座り、ドキドキしはじめた。
「てか実花何食べる~??俺今日ごちそうするよ」えっ……あついいよ「実はさっき4万円くらい勝ったんだよね」あースロットで?「そうそう実花から電話来なかったら行ってなかったし!だからごちそうする」じゃあ遠慮なくあはっはいどうぞどうぞそしてヤスがメニューを差し出した。

「俺はねハンバーグセットにするよ」
「あっそう……じゃあー私はねー」
「実花はグラタンとか好きでしょ?」
「グラタン……。好きだけとど?」
「なんか女ってグラタン好きなイメージがあるよ」何それ~意味わかんない「あはっ……まぁ好きなの頼みな!」
「………。
じゃあグラタンでいいよ」あはっやっぱりそうじゃん「違うよ~ヤスがグラタンって言うからじゃん!!」はいはいすいませんねそして結局グラタンを注文した。
「てか今日実花学校はどうしたの?」いきなりヤスが聞いてきた。あー学校ね……私は軽く流した。ちゃんと行ってないんだろ?何?えっ……うん学校はちゃんと行けよ!ダメじゃん!「……。いやだってさぁ意味ないんだもん」何が?だからさあ学校行っても……「てか意味はあるだろう!

風俗感覚を大切にして海外

激しく求め合いセックス

普通に就職するにも高校出てるのが当たり前だろ?」まあ………そうだけど「実花は何か将来の夢とかないんだっけ……?」特にねうん……。
「でもさいつかなんかやりたい夢が見つかった時に高校ちゃんと行ってれば良かったって思うかもよ?」
「うーん………そんな時があるかな?」俺は普通にずっと車の整備師になるのが夢だし……あるだろう!「……。てか本当はもう学校辞めちゃったんだよね」私は正直に話した。マジで言ってるの?はあ?するとヤスが少し怒ったように見えた。やばい……….軽蔑されるかも………うん私は言わなきゃ良かったと思いながらうなずいた。
「へえ~なんか実花ってもっとしっかりしてると思った……」ヤスが少し呆れた感じで私を見た。私は目をそらしジュースを飲んだ。
「しっかりなんてしてないよ……」
「……。で、学校辞めて毎日何してるの?」その言葉に私はドキッとした。えっ……バイトしてる「あーキャバクラのビラ配りだっけ?」
まぁそんな感じ……私はヤスの顔が見れなかった。
「ふーん……それいつまでやるつもりなの?」決めてないかなぁ「今はさあ実花は若いからそんなバイトでもいいかもしれないけど、ある程度歳を取った時に俺の彼女がそんなバイトしてるって言ったら間違いなく別れるね!」……。うんそのヤスの言葉はショックでもあり、この仕事を誇りに思ってやっている気持ちもある私には少しイライラする言葉だった。
「ごめんちょっと言い過ぎた……」私がふてくされてる態度に気づいたヤスが謝った。いや……大丈夫本当は大丈夫なんかじゃなかったけど……。おうっ……2人の間に気まずい空気が流れた。ヤスがタバコに火をつける………。私はストローでずっとジュースをかき回していた。
「ぷっ……実花って本当ガキみたいだなぁ」ヤスが少し笑いながら言った。えっ……?私はストローの手を止めるとヤスを見た。
「だってそんなことするの小学生くらいじゃん」……。そうかなぁ「俺、実花が妹だったらマジ心配だなぁ~」

 

セックスの中で男性のテクニックに不満があ

素人感という葉でまとめています美少女かわいい何で?「だってちゃんと見てないとなんか危なっかしいんだもん」……。そんなことないよ「そうか?でも実花が妹だったらカワイイかもな」……。妹って私はそんなヤスの言葉がショックだった。ヤスからしたら私って妹みたいでガキなのかなあやっぱり学校辞めたことも黙っておけば良かったな。
「あはっなんでそんな暗くなってるの?」だって……ガキじゃないもんでもそうやってすぐふてくされるのは良くないよ?あーはいはい
はい………わかりましたこんなはずじゃなかったのに。嫌な態度になってしまう……。気持ちもすごくブルーになった。だって私はヤスのことが好きなんだもん…。そして注文していたハンバーグとグラタンが運ばれてきた。じゃあいただきますヤスはがっつくように食べ始めた。……。いただきます私も熱々のグラタンをフーフー冷ましながら食べ始めた。そんな私を見てヤスが笑う。
実花猫舌……?うん……熱いんだもん「あはっよお子様用の器もらう……?」……。いらないよそんなの完全にヤスは私をガキとしてしか見てない。
「ヤスは私の事……ガキと思ってるんでしょ??」私はヤスを見つめ聞いた。うーん……少し考えて答えた。
「何て言うか……。妹みたいにカワイイなって」妹ねえ私は今にも泣きそうになった。
「なんか実花って素直でいいよね!!」えっ?「今考えてることとか思ってることとか表情にでてるんだもん」
私はドキッとした。何それ「実花みたいにそうやって素直な彼女が欲しいなぁ~ってさ」私はその言葉に何も言えなくなってしまった。それ……。どういう意味??私はその意味もわからず……。話を変えた……。
「ところでさあ……ハルカのことなんだけど……」本題に入った。ヤスも一気に表情が変わった。……。おう「ハルカ、今裕ちゃんの赤ちゃやんがお腹にいるんだけど……」……。
うん
「本当のことを知りたいんだけどさぁ……」ああ………「私はねぇ裕ちゃんが何か隠してるって思ってるんだ。たとえば他に彼女でもいるのかなぁ……とか」いるよヤスが答えた。やっぱり……。
「だからハルカのこと避けてるの……?」
「いや……女って言っても彼女じゃないんだよね……」ヤスが気まずそうに下を向いた。彼女じゃないって……。何?……。ぶっちゃけうん……
私は緊張して唾を飲んだ。

セックスに関する様々な文献や意見を調べてき

風俗嬢のルックス「あいつ……結婚してるんだよね」今何て……?えっ?それは予想もしてなかった言葉だった。裕ちゃんが結婚………?私は頭が真っ白になった……「ごめん……。早く言ってやるべきだったな」ヤスが謝る。……。
信じられない
私はまだその言葉を受け入れられることができない……だってそんなこと……。ハルカが知ったら……。私は涙が溢れ……止まらなかった。ちょと……実花……泣いている私にヤスが慌て始めた。……。ひどすぎる私はそれを黙っていたヤスにも怒りが沸いた。
「ごめんなさい!!マジで……」ヤスが私を見つめ謝った。……。
許せないよお
本当に……悪かった……。信じられない「でも……裕もハルカちゃんの事は真剣に好きだったと思う」
「……。だったらどうしてハルカを避けるの?」私は聞いた。
「いや……。本気で好きだから奥さんと別れようとしてるのかもしれない……」
そんなの…最低じゃん!!……。うん最低だよな「……。今ここに裕ちゃん呼んでよ!!」えつ……呼んで!!呼んでよ!!真剣な私にヤスは慌てて電話をかけ始めた。
「あっ……今大丈夫?
ちょっと話しあるんだけど駅前のファミレスに来てほしいんだ」ヤスは私が居るとは言わずに裕ちゃんを呼び出した。そして約束を取り付け電話を切った。
「………30分くらいで来るって」……ありがとう「……マジで俺も最低だよな……本当にごめん」またヤスは謝った。
「うん最低だよ……ヤスのこと信じてたのにい……」私はすごく悲しかった。裕ちゃんとヤス達に私とハルカは賑されていたんだ。……。実花「本当に悲しいよ……。私……ヤスのこと」
それ以上言うのはやめた。私のこの気持ちも……。バカみたい。実花……。マジでごめんもういいよ………ヤスが私を悲しそうな顔で見てきた。悲しいのは私の方なのに……。私はヤスから目をそらすとずっと下を向いていた。
そんな私の態度にヤスも下をうつむく。2人は無言のまま………裕ちゃんが来るまでしゃべらなかった。そして無言のまま30分が経った。するとヤスのケータイが鳴った。あっ……店の中に居るからそれだけ言うと電話を切った。……。着いたみたいボソッと私に言った。……。そうすると入り口から裕ちゃんが店内に入ってきた。そして私と目が合うと一気に気まずそうな顔をして歩いてきた。おうっ……裕ちゃんがヤスの隣に座る。
「………。実花ちゃんも居たんだ?」裕ちゃんは私とヤスの微妙な空気を感じた。

デリヘルを依頼してみるまずはじめにやるべきことは実際に自分


久しぶりです涙で目が真っ赤な私。……。てかどうしたの?裕ちゃんは気まずそうに言った。するとヤスが話しはじめた。
「てか……彼女妊娠したんだって?」裕ちゃんに聞く。えっ……。あぁ気まずそに私を見た。
「……。で、彼女のこと避けてるんだって?」
さらにヤスは聞いた。……。いや避けてはいないよ裕ちゃんが答える。
避けてない……?その言葉に私はキレた。てか……今ハルカがどんな気持ちかわかってるの?はあ?避けてんじゃないの?私は裕ちゃんをにらんだ。
「えっ……それはちゃんとハルカと話して理解してもらったし……」そんなのしてないから!!はあ?理解……?「……。ハルカは俺と距離置くことに賛同したんだ」
「……。じゃあ距離置くって電話も一切でないってことなの?」
「電話はたまたま出れなかっただけ……」
「ふーん……だったら今こうしてヤスの電話にでてここに来たんだったらハルカにもすぐ電話したら?」……。後でするよ「今してよ!!ハルカがどんな気持ちで待ってるかわかってないんでしょ?」………。わかってるよ「てかもう聞いたけど……結婚してるんだってね?」私は言った。すると裕ちゃんはヤスを見て気まずそうに下を向いた。
「……あぁぶっちゃけ結婚してたよ!!」その言葉は開き直ったように聞こえた。てか最低じゃやない??私は怒った。
「最低だけど……でも俺はハルカのことは真剣だったし」
中途半端なことしてて良くそんなこと言えるね?はあ?「……。ちゃんとするつもりだから」
ちゃんとって何?「今の奥さんと別れて……ハルカと……」
ありえない……はあ?「……。ハルカなら理解してくれると思う」………。無理だね!!私は強く言った。お前には関係ないだろそれは………俺とハルカの問題だから!裕ちゃんがさっきとは違いイライラし始めた。
「……実花だってハルカの友達だから心配なんだよ!」ヤスもそんな裕ちゃんに言った。
「そうだよ!!あんたより私のがハルカのこと大切だと思ってる!!」
「いや絶対………俺のがハルカのこと大切にしてるし!」
「はあ?大切にしてるならハルカの電話ちゃんとでたら?やましいことあるから出れないんじゃないの?」
うるせーよ!その時だった。裕ちゃんは私にキレるとそのまま怒って店をでて行ってしまった。
「はあ何あの男頭悪いんじゃないの?」?その行動に私も頭にきた。……。もう帰るわ私はヤスに言うと荷物を持ち店をでた。早くハルカにあんな男と別れるように言わなきゃそれで頭がいっぱいだった。ヤスもそんな私を止めることもせず黙って見送ってくれた。私はそのイライラした気持ちのまま店を出るとすぐにタクシーに乗り込んだ。そして店に向かう。私はタクシーの中………ハルカに電話をかける。
プープープー話中なのか……繋がらない。まさか先に裕ちゃんに電話されたかもしれない……。そしたらきっと……。うまくごまかされてるかもしれない……。

多くの女性が好む愛撫

セックスをしなくても好きな異性と一緒にいるだけで幸せを感じて

風俗の仕事や通ってそんなことを思い何度もかけたがずっと話中になった。そして駅に着いた。私はこの時すっかりハルカのことで頭がいっぱいで店長が今日この町に居ることを忘れてしまっていた。変装用に持って行ったサングラスもバックの中に……。………はあ喉渇いた私は駅の近くのコンビニに入った。そしてテキトーにカゴに入れると袋いっぱいに買い物をした。重たい……買いすぎたそんな感じでコンビニを出ようとしたときだった。おいっ!!男の人に肩をたたかれた。
私は一瞬ビクッとし……振り返る。するとそこに立っていたのは違う店の社長だった。
「あっ!社長~ビックリしたよ~」私は安心した。
「何だよそんなびっくりするなよ!それよりこれ!!」すると社長が私にチラシを渡してきた。これ何………?私はその渡されたチラシを見て一瞬怖くなった。
「こいつ見つけたらすぐに俺のとこに連絡くれ!」そのチラシには……
裸の女性の写真。そして名前。特徴などが書かれていた。そしてその横には〔借金作ってバックレた。こいつの情報求む]と黒いペンで書かれていたのだ。
「えっ……社長……。この子はどうして?」
「こいつな…店のナンバー1で売れてたから金を貸したんだよ!400万円くらいかな……。そしたらその翌日から店に来なくなって……バックレたんだな!」……。そうなの私はハルカのことを思い出し怖くなった。
「だからよ!こいつ見つけたらすぐ連絡くれ!」
「はい………この子………もし見つかったらどうするつもりなんですか?」
私は恐る恐る聞いた。すると社長の顔がものすごく怖くなった。
「使えるまで使って……後は捨てるだけ」……。えつその言葉に怖くて何も言えなかった。そしてそれを言うと社長はそのチラシを歩いてる人達みんなに渡し……電信柱にも貼り付けた。本当に………こんな怖い嫌がらせがあるんだ……。無造作に張られた女性の写真名前まで書かれ……裸の写真私はゾッとし………急いで走って店に帰った。そして慌てて部屋に入った。……。はあはあはぁ走り疲れた私………そんな私を見て仕事が終わり部屋にいた綾ちゃやんが言った。
「……。実花もしかして店長に見つかったんじゃないでしょうね?」……。
はあはあ

私はしゃべれすず首を横に振った。じゃあ何?綾ちゃんはイライラしながら言った。……これそして私はさっきもらったチラシを綾ちゃんに渡した。……何これ?綾ちゃんはチラシを受け取るとしばらくそれをずっと見ていた。
「今……これを違う店の社長に渡されたんだ……」私はさっきの話を綾ちゃんに話した。すると私と同じ……。顔がゾッとなった。これ……やばくない?綾ちゃんの顔が青ざめていた。……。うんやばいよねこの時2人はその彼女にハルカを照らし合わせていたんだ。
「……。この子見つかったら本当やばいね!実花、見たことある?」
うん私は駅でキャッチしてるときに何度か見たことがマジで?あるんだ……「うんすごい結麗な人だったから……背も高くて」そうなんだ………「このチラシ……今町中に貼られてると思う……」……。怖いね本当に怖すぎるよ……私達はその恐怖布にしばらく黙ったまま放心状態になった。本当にこの世界の大人達は怖いんだぁ。そして何をしてくるかわからない……
ハルカだってそうだ……。これから何かやられるかもしれない……。
今日のこの出来事で改めてハルカも今その対象に置かれていることを感じた。
「ハルカもそろそろなのかな………」