セックスシマシタカフェラチオと同様

和彫りを入れいる女性はあまりいない

あ~なんかワフクワクするよ電話のコールが鳴る間もハルカはすごく幸せそうに笑っていた。
「いやあ~きっと裕ちゃんも驚くね」私と綾ちゃんも顔をあわせワクワクしていた。そして電話が繋がった………ハルカは私達の顔を見つめニヤニヤと笑った。そして……「あっ裕ちゃん?今大丈夫?今日ね大事な話があるんだよ」ハルカは嬉しそうに話す。
「今日これから会える?会って話した方がいいかも」私達はそんなハルカの会話を黙って聞いていた。
うんじゃあこれから行くね~バイバイそしてハルカはニコニコ笑い電話を切った。
「やっぱりね!こーゆう大事な話は会って話したいからこれから会ってくる」
するとすぐに出かける準備を始めた。
「うんそうだね会って話した方がいいよ」うん「きっとびっくりすると思うけどすぐに喜んでくれるよ」私もそう思うんだぁよハルカは言った。
「なんか私がドキドキしてるよ!!」実花がドキドキしたって意味ないでしょょあはっ!「そうだけどさぁ~だってなんか嬉しいんだもん」あはは~ありがとね「うん!ちゃんと頑張って伝えてね!」はいそしてハルカは嬉しそうに裕ちゃんの所へ向かった。いってらっしゃい私達は笑顔でハルカを送り出した。うん、いってきますそして私と綾ちゃんは2人……ハルカが置いていった検査薬を手に取った。すごいね……。ハルカ「うん、頑張ってもらわなきゃ」
「あっ、てかこれ持っていった方がよかったよね……?」
「確かに……これを裕ちゃんに見せた方がより感動するよね……」
「あ~ああハルカきっと後悔するよ!」本当だね……あはっ「でもさあ好きな人との赤ちゃやんだもんね……きっと裕ちゃんも喜ぶだろうねょ」うん嬉しいと思うよ……「パパとママになるんだもんね……」
「うん……こんな広い世界で2人が出会うだけでも奇跡なのにさあ………」
「そんな2人が結ばれるんだもんね……」
「なんか本当、ハルカが言ってた運命の相手だったんだね」うん本当運命だったんだね「なんかものすごいうらやましいよ!!私にはハルカみたいに幸せになれる自信ないよ……」
「何言ってるの?実花だって絶対に運命の相手いるんだから」本当…………?「うんもちろんだよ綾にだっているもん」!「あはっ、ツッチーって言いたいんでしょ?」そうだよ!その通り運命の相手かあ………本当に私にも居るのかなぁ……?もし………。居るなら……。ヤスがいいなあ。そして幸せな気持ちのままいつも通り仕事をした。きっと今頃ハルカは裕ちゃんに報告をして2人で幸せな時間でも過ごしているんだろうなあ……。私も綾ちゃんもそれを想像していた……。それが間違いだったなんて……。きっとワクワクして出かけて行ったハルカには……これから待っている運命が最悪になるなんて想像もできなかっただろう……そしてこのことがきっかけでヤスとの恋も...切なく苦しいものになっていった……。
それはハルカが出て行ってから3時間が経ったころだった。私は駅前のロータリーでキャッチをしていた。するとタクシー乗り場で降りてくるハルカの姿。
「あっ……!帰ってきたJ」私はハルカを見つけるとすぐに駆け寄った。きっとこれから嫌ってほどノロケ話しでもされるんだろう。そんな感じでワクワクしていた。
「ハルカ~待ってたよお~」すると想像をしてなかったハルカの暗い表情…私はすぐにその変化に気づいた。
守りたいもの

そんな暗い顔して……

えっ……どうしたの?……。なんかえっ?何?ハルカの心細い声に私は不安になった……。
「裕ちゃんにちゃんと報告したんでしょ??」私は確認するように聞いた。

風俗雑誌では取り上

風俗で股間を洪水

うん………「じゃあ何でそんなに暗いの………?」だって……今にも泣き出しそうな声だった……私はすぐにハルカと店に戻った。一体どうしたんだろう……?店に着くと私は待機部屋にハルカを座らせた。
「……。綾ちゃんは今仕事中みたいだね」私はボソッと言った。
その言葉にハルカは何も言わず無言だった。私はその気まずい空気に耐えられず1人部屋をでた。はあ………どうしたんだろう店の階段の踊り場で大きく深呼吸をした。想像もしてなかったハルカの姿。本当は心配で側に居てあげたいのに………私が一番不安になっていた。だけどハルカの居る部屋には戻れずに私は綾ちゃんが終わるのを店のフロントに座り待っていた。
「実花どうしたんだよ?早くまたお客さんキャッチしてきてよ!」店長が言った。
え………今は無理「何が無理なんだよ~今日お客さん少ないんだから頼むよ~」
「わかったよ!後でいっぱい連れてくるから綾ちゃんが終わるまでここに居させて!」すると店長がフロントにあるタイマー時計を確認した。
「うーん綾はあと8分で終わるぞ!」早く終わらないかなぁ……あっ本当?何か用事でもあるのか?うん……。ちょっとねそっかあ……私のいつもと違う様子に店長もそれ以上何も言わなかった。そして8分が経つ……。お客さんを送りにカーテン越しに綾ちゃんが出てくる。ありがとうこございましたぁ店長もフロントから挨拶をする。
またお待ちしてます。そしてお客さんがエレベーターに乗り帰ったのを確認すると私はすぐに綾ちゃんに駆け寄った。……。綾ちゃん!!私の不安な顔に綾ちゃんが気づいた。………。何かあった?……。うん私は待機部屋を指さした。えっ、ハルカ居るの??うん綾ちゃんは驚いていた。……。何かあったの?うん……何かあったみたい
悪いことでも……?「いやわからないんだけど……駅で話しかけた時からもう暗かった」

 

風俗初心者が行き

「えっまさか裕ちゃんに何か言われたのかな……?」
「うんそれしか思いつかない……」本当に………?すると綾ちゃんはハルカの居る待機部屋のドアを開けた。
「よっもうお帰り~??」綾ちゃんは明るく話しかけた。うんえっ何でそんなに暗いわけ?そこにはさっきと同じ暗い表情をしたハルカの姿。その時だった……。
「も……もう………どうしていいのかわからない……」ハルカがいきなり泣いた。
「えっ……ハルカ!ちょっとどうしたのよ!!」私と綾ちゃんは慌ててハルカの隣に座った。ハルカ何かあったの……?「どうしたあ?私達に言ってごらん?」う、うん………ぐすんやっぱり何かあったみたいだ………私達はとりあえずハルカを落ち着かせた。
「ゆっくりでいいから……気持ちが落ち着いたら話して?」うん………もう大丈夫涙で目が真っ赤になっていた。
「あのね……。裕ちゃんに妊娠のこと話したんだけどさぁ……」うん……
「絶対に喜んでくれると思ってたのに……なんか暗くなっちゃって……」
えつ、裕ちゃやんが?「うん……なんか嫌がってるような感じだった……」意味わかんない!はあ?それを聞いて綾ちゃんがイライラし始めた。
「私はね……裕ちゃんの赤ちゃんだからすごく嬉しいんだけど裕ちゃんからしたら違うのかもしれない……」そしてまたハルカの目に涙が溢れた。裕ちゃんはそれを聞いてハルカに何て言ってきたの?「えっ、私は聞いた。距離置きたいって……」
「う~ん……少しマジで言ってるの?」
はあ?「うん……だけど私は産みたいって言ったんだけどさあ……」
「何考えてんだろう!!頭おかしいんじゃないの?」……。だけど突然だったから「そんな問題じゃないよ!距離なんて置いてる間にもハルカのお腹はこれから大きくなっていくんだよ?マジ裕ちゃん許せない……私が言ってあげようか?」
「……。ありがとうでも大丈夫、私は裕ちゃんのこと信じてるから」そのハルカの言葉に私は何も言えなくなった……それを横で聞いていた綾ちゃんも何も言わなかった……「私ね……こんなに好きになった人は初めてなんだぁ。だから絶対にこの子は産むよ……」ハルカはお腹に手をあてながら言った。そんなハルカの姿を見て私は胸が痛くなった……。
もしハルカに何かあったら……裕ちゃんのこと許さないそしてハルカは明日産婦人科に行くことになり、タクシーで家に帰った。
「明日不安なら私も一緒に行くよ?」でも大丈夫だからありがとう
「本当?じゃあ検査結果わかったらすぐに電話してね?」うんもちろん!!
じゃあ気おつけて帰ってねは~い泣きやんだハルカの顔はいつものように明るかったけど……きっと不安でいっぱいだと思う……ハルカを送ると私は部屋に戻った。綾ちゃんはまだそこに座ったままタバコを吸っていた。
「ねぇ……ハルカ大丈夫かなあ?」私は綾ちゃんの横に座った。……。いや何とも言えない綾ちゃんは言った。
「私、なんか裕ちゃんの事が不安だよ……」
「うん距離置くとか意味わかんないよ」
「……。
もしもって事を考えちゃう」……。そうだねきっと綾ちゃんも不安でいっぱいだったと思う。
「裕ちゃんは距離を置いて何をしたいんだろう……」
「……。きっと何か言えない事か嘘をついてることでもあるんじゃない?」それって例えば?えっ?「うーん……他に付き合ってる女がいるとか……」
「……。もしそうだったら許せない」でもなんかハルカの話を聞いて綾は……。本当に?そんな気がしてきた……「うん、そうじゃなかったら何のために距離を置くとか言うのかわからないもん」
「……。ヤスとか何か知ってるかな?」
「あっ、そうだよ!ヤスなら何か知ってるかも……」
「えっじゃあ聞いてみようかな?」

セックスシマシタカフェラチオと同様
風俗嬢を見つけて最高

ピンサロの生き残りの手伝いためにな今後

「まあ、ただ男の友情ってやつが邪魔して何か知ってても黙ってるかもしれないけど……」……。そっかあ「それよりも綾はそんな裕ちゃやんを信じてるハルカのことが本当に心配だよ……」
「本当だね……いくらうちらが悪く言ったとしてもハルカの大好きな人だもんね……」
「……。うんその気持ちもわかるしなぁ」………。
うんそうだね
今の私達もハルカと同じくらい好きな人いるもんなぁ……きっと私達が裕ちゃんの事悪く言ったらハルカが悲しむだろう。その日はずっとハルカのことを考えて1日が終わった……。翌日…………プルルルル~ケータイの音で目が覚める。はいもしもし……眠くて目が開けられない………「あっ寝てた?ごめんハルカだけど………」あっハルカ??「うん………今ね病院終わったんだ」……。そっかどうだった?「うんやっぱり妊娠してたよ……」……。そっかあ私は複雑な気持ちだった。
「……。これからまた裕ちゃんに報告しようと思ってる」
……。そうだよねうん……。私は産みたいから
……。うん「電話でてくれたらいいんだけどさっ」ハルカは苦笑で冗談ぼく言った。えつ……なんか電話番号とか変えられてたりして~あはっ!……。ハルカ「ありえる~って感じだよね!あはっ」そんな事……。言わないでよ私はあまりにも辛くて言った。
「ごめんごめん!じゃあ今から電話してみます」……。うんわかった「じゃあまた何かあったら電話するね!」
うん
バイバイそして電話を切った。ハルカが無理矢理明るくしようとしてるのがわかってまた辛くなった。私は隣で寝ている綾ちゃんの横でケータイを握ったままハルカのことを想っていた。ハルカは裕ちゃんのこと信じてる……。だからそんなハルカのこと絶対に裏切らないでください……。お願いします……。私はこの想いが裕ちゃんに届くように何度も願った。それから昼間になり店も開店準準備を始めた。
「綾ちゃん!!もう仕事だよ!起きて~」私はまだ眠っている綾ちゃんを起こした。……。あ~まだ眠いよお「………。いいから起きて!」
はあ~あ……眠い綾ちゃんは眠い目をこすりながら起きた。
「……。

射精管にもなります

ハルカから朝電話きたよ」えっ何だって……?「………。やっぱりね妊娠してたって」そっか「それでまた裕ちゃんに報告するって言ってた……」……。そっか「なんか本当なら嬉しいことなのに……」
ハルカは産むって?「うんハルカの気持ちは変わってないよ……」そうだよね………「うん大好きな人だもんね………」私達はまた切なくなった……「次ハルカから電話くる時はイイ報告だといいなぁ……」うんそれを祈析ろう……そして店の準備を始めた。私もいつものように駅に向かった。まだ人通りも少ない。私は缶コーヒーを買うとロータリーのベンチに座った。……はあ私もため息ばっかりだ。こんなんじゃ幸せも逃げちゃうな……そんなことを思いながら駅から出てくるキャッチできそうな客を探していた。その時だった!私は息もできなくなるくらい体が固まった。
目に入ってきた前の店の店長の姿。遠くからでもすぐにわかった。……。やばい缶コーヒーを持つ手が震えている……私は見つからないようにすぐにその場から逃げた。そして慌てて店に戻った。
「やばい!今……。駅に……店長がいた」私は興奮してうまくしゃべれなかった。そんな私の姿を見て綾ちゃんも一瞬緊張した……「えっ……今更何しに来たんだろう……」
「わかんない……けど今見つかったらやばいよ……」あの人は本当、忘れた頃に……うん……。ねぇ……どうしょう?「とりあえず……実花も今日は外に出るのやめな」うん…………。絶対何かしてくるはずえっ……怖いよ「あの人……本当に何するかわからないかなぁ」うん……私達は今日一切外に出るのをやめた。待機部屋のテーブルの上にケータイを置いた。
「もしかしたら店長から電話くるかもしれないね……」
うん、ありえる………私達はテーブルの上に置かれたケータイをずっと見つめていた。
「この店で働いてるのバレたらやばいね……」綾ちゃんは言った。
「うん本当だよ……店長なら調べそうだよね」……。探すだろうね「しかも私がよく駅でキャッチしてるのも誰かにチクられたらすぐに居場所がバレるよ」
「そうだね………あの人顔広いし」
「それにこの店にも迷惑かかるよね……」
「うん……それだけは避けたいね」
「あっ、それにハルカにも早いうちに電話しといた方がいいよ!最近何の警戒心もなくここに来ちゃうから!」………。そうだった!私は慌ててハルカに電話をかけた。プルルルルルル~プルルル~何度もコールは鳴るが電話にでない。ダメだ出ない「そっか……じゃあメールだけでも送っておこう」
「うんそうだね!とりあえず危険な状態だから………」そして私はハルカにメールを送った。
綾ちゃんもいつものようにお客さんもついて仕事に入った。私は待機部屋でボッとテレビを見ていた。その間も頭の中は店長やハルカのことを考えていた。もし今ハルカのこの状態で店長が何かしてきたらハルカは精神的に追い込まれて胎児にも影響しちゃうだろう……どうしてハルカばっかり……そんな事を考えていた時だった!プルルルル~テーブルの上に置かれたケータイが鳴った。私は一瞬ドキッとした。そして恐る恐るケータイを手に取った。
非通知][着信……。えっ誰??もしかしたら店長かもしれない……さっき駅で見られたのか?やばい……私の手はまた震えていた。どうしよう………しかしケータイはずっと鳴りつづけた……。私は勇気を振り絞り電話にでた。

会話例と共にシミュ

素人が入っても数ヶ


……。はいもしもし?すると電話の相手がしゃべる。実花??その声はハルカだった。私は声を聞き緊張がほぐれた。
「えっハルカなんで非通知なんかでかけてくるの?」
あっ非通知になってる?電話でるの怖かったんだけど……うん……だから「あっごめんごめん!裕ちゃんに電話してたからさ……」
「裕ちゃんに?非通知で?」
「……。うん私からの電話でてくれなくてさぁ」えっ……?「だから非通知なら電話にでてくれるかなぁと思って……非通知にしたままだった」
「……てか電話に出ないってどういう意味?」
「……うーんたぶん距離置きたいって言ってからだと思うけど……」
「はあ?距離置くって電話もでないって事なの?」そうなのかなぁ……
「ねぇ!!ハルカの好きな人だから悪く言いたくないけどさあ……それおかしいよ!!」えっ……うん「だってさあ!!もし裕ちゃんがハルカのこと好きだったら彼女が妊娠してるのに連絡取らないってありえる?」T..「彼女の体が心配になるのが一番じゃないの?」……。グスン「私……。裕ちゃんの事は信用できないよ」……。う、うん「あっ……言い過ぎた……ごめん」私は気持ちが高まってしまいハルカを泣かせてしまった。
「……。大丈夫、実花の言う通りだもん」いや………ごめん言い過ぎたううん……。ありがとうえっ……?「だって私の事考えてくれてるから……」……うん心配だよありがとう「……。ねぇ?私さあ裕ちゃんのことヤスに聞いてみてもいいかなぁ?何かわかるかもしれないし……」あっ、うん「もしハルカが嫌なら聞かないけど……ちょっと心配で」
「ありがとう………実花にまかせる」本当?わかった!そして私は電話を切った。きっとヤスなら何か知ってるはず……。私は裕ちゃんのことが信用できないから……ハルカのためにも聞きたかった。
……。電話しようプルルルル~すぐに電話をかけた。おっどうした?ヤスはすぐに電話にでた。あっ今大丈夫かなぁ?おう大丈夫だよ!「そっかあ……あのさぁ裕ちゃんのことなんだけど………何か聞いてない?」えっあいつ何かあったの?「うん………何も聞いてないみたいだね………」
「うん悪りぃ~何も聞いてない!」