風俗嬢のお尻を藤木

ピンサロについて語っています

デリヘル嬢は乳首を転がされる度反対

そんな質問されて当然だろう。高校生が毎日どこに泊まってるんだ。その質問に私はドキドキした……。そして出た嘘。
「1人暮らししてる友達んちなんだ……」友達?高校の?「うんそう……なんか親の事情で1人暮らししててさぁ。かわいそうだから泊まってあげてるんだ」
「そうなの?じゃあ今度はうちに泊めてあげなさいよ!」
「う、うん今度連れてくるよ………」私はヒヤヒヤしながら話した。そして会話はそのまま高校の話しになった。
「そう言えば!先生から学校来ないでどうするんだって電話きたわよー、実花どうするつもりよ?」
ちょっとムッとしていた。
「あ一行くよ。でもさあ行ってもなんか私には何も学ぶことはないって感じ……」
「……何言ってんの!みんな行ってるんじゃない」
「そうだけどさー!私は高校生やってるよりも早く働いてお金も稼稼ぎたいし……」
「アルバイトすればいいのよ~高校生はみんなそうでしょ?」
………まあね「でもどっちにしろ先生に呼ばれてるんだから明日行きなさい!」え、明日?そうよ普通なら毎日行くもんなんだ……嫌だなあから!「何言ってんの!高いお金払ってんだから行ってもらわなきゃ困るわよ」確かに………こうして学校に行ってない間も親は一生懸命働動いてくれたお金で学費を払ってくれている…。わかった、明日行くよ
私は明日学校に行く約束をした。そして部屋に行くとハルカに電話をかけた。プルルルルはいどしたあ?寝起きのような声だ。
「あっハルカ?あのさあ~明日一緒に学校行かない?」
めんどいよー……えっ?やっぱりハルカも今さら行きたくないみたいだ。
「いや、だからさぁ辞めてこようよ!」え?
学校?
「うんどうせうちらもう行く気ないしさあ……学費ももったいなくね?」まーねぇ……「でしょ?しかもあんたも先生から電話きてない?私呼びだしらしーからさ」
「マジで?超だるいじゃん」
「でしょ?だから親にも明日学校行けって言われたからさぁ~お願い」うーん、まあじゃあ行くよ!マジ?ありがとうよ「あっ、でも私引越ししたから朝早く起きて高校行くのめんどいからタ方くらいから一緒に遊ぼう!制服持ってくわ」
「うん!てか、今日ね私誕生日なんだぁ~それで確か綾ちゃんが夜みんなでパーティーしようって言ってたからちょうどいいわ」あっ今日誕生日なの?「うんすっかり忘れてたんだけどね」
「じゃあプレゼント買わなきゃや」
「えついいよーみんなで楽しくパーティーできれば」
「いや誕生日だから買ってく!楽しみにしてて」マジ?ありがとうよ「うんじゃあさタ方くらいにそっち行くからまた連絡するわ!」
「わかった!

風俗嬢たちの収入
じゃあ後でね」バイバーイツーツー……。ハルカとの電話が終わると私も制服の準備をした。数えるくらいしか着ていない制服·結麗なままクローゼットの中に……そして準備も終わると私はベットに倒れた。
はあ~落ち着く……久しぶりの家……ずっと使っていたベット。そのまま少し眠ることにした。何時間経っただろう……。ケータイの音で目が覚める。[着信綾ちゃん]……。はい?あっ実花?まだ家?あっうん……後、ヤス達も来てくれるって今日さあ6時に店予約したからぁえっ本当?うんだから今日は実花が主役なんだから楽しもうねー「うんよありがとうっ!あっ、ハルカにも連絡したんだった!」あっ、聞いた聞いたぁよ「じゃあ今日5時半くらいに駅に待ち合わせとかでいい?」
「うんそうしょうじゃあ遅刻すんなよー」じゃあまた後でね了解バイバーイ電話を切り時針を見るとすでに4時を過ぎていた。
……やばっ私は急いでメイク直しをする。
そして久しぶり髪の毛もコテで締麗に巻いた。
「ね、ママ髪型これで大丈夫かな?」!私はキッチンで料理をしているママに聞いた。
「あら起きたの?結麗に巻けてるじゃないよ」
「本当?今日の主役だからさぁ」そうね「あっ、あとこれから出掛けるけど制服持って友達んちから学校行くから!」あらあ………そう「うん!明日ちゃんと先生と話してくる」うんわかったわ!この時、本当は学校辞めるって言いたかったけど。可哀相で言えなかった。そして準備が終わると私は大きな紙袋に制服と学校のスクールバックを入れた。……これでいいやそして私は家をでた。いってきまーすはい、いってらっしゃい!そのまますぐにタクシーを呼び駅に向かう。
きっとこんな姿をママに見られたら怪しまれるはず。私は家からちょっと離れた場所でタクシーを待った。そしてタクシーが来ると乗り込み駅に向かった。プルルルル……綾ちゃんに電話をかけた。
「あっもしもし?今タクシー乗ったから!」
もうハルカとロータリーに居るから!了解!早いね~わかったそしてすぐに私も駅に着いたタクシーを降りると綾ちゃんとハルカがタバコを吸っているのが見えた。
お待たせ~私は走り駆け寄った。おっ主役私に気付くとタバコを消してニッコリ笑った。
「てか実花までそんなに大荷物できたの一」ハルカを見ると私とまったく同じ、紙袋に制服を詰めて持ってきていた。なんかうちら家出少女みたいあはっマジだぁウケるしょ「てかこんな荷物持って店行くの嫌だからそこのロッカー入れよ!」
「だね!んで、明日店で着替えて学校行けばいいしね……」うんそうしょうそしてハルカと2人、駅のロッカーに紙袋を押し込んだ。
「じゃあ店行きますかぁ」うんそして3人で店に向かった。
「あっヤス達は店に直接来るってさ」

乳首で感じてイッちゃえるという女性もいます

えっ、あうんすっかりヤスが来ることを忘れてた………一気に緊張してきた。
「てかさぁーマジ応援するから今日とか告白しちゃえば?」ハルカがニヤニヤ笑い話した。
「はあ?バカじゃん!ありえない!」
「えっせっかくのチャンスなのに」
「チャンスも何もまだ早過ぎるでしょ……」
「あはっ本当に実花はシャイだなぁー」
ハルカと綾ちゃんが笑う。
「だって、付き合えるわけなんてないし………」私は言った。えっ何で?「ヤスだって忘れられない恋があるんだよ……」
「何それ?ヤスは彼女と別れたばっかりとか?」
「いや違うけど、いろいろあるの!」私はこの前ヤスと話したことを思い出していた。するとタイミングよくヤスから電話がかかってきた。[着信ヤス]はい?「おっ実花~誕生日おめでとう」明るいヤスの声。うれしかった。ありがとう「てか、俺らもう店着いたんだけどよ」
「えっ本当?私達も今向かってるとこ!」
「あっならいいわ!じゃあ店の前で待ってんな」うんすぐに行くね!電話を切った。
「ヤス達もう店の前に居るってよ」
「あっ本当?そんなに実花に会いたかったのかなぁ」早いね綾ちゃんが言った。
「はあ、バカじゃん!時間にきっちりしてるだけでしょ……」私は少し照れた。
「あはってか本当恋してんねーヤスと話してる時のあの顔キラキラしてたよお」……。えつ一気に顔が赤くなる。
「ぷっ、また耳まで赤くなってる」ハルカまで私を見てニヤニヤ笑った。
もう、2人ともムカつく!!アハハ「てかもう店着くよ!ヤス達居るんでしょ?」えっ、うんそして道を曲がるとすぐにヤスが目に入った。
……居たおーいごめーん!綾ちゃんがヤス達に声をかけた。すると声に気付きヤスがおつ、待ったぞー!こっちを見た。そこにはマリオと2人なんだか大きなぬいぐるみを持って立っていた。
「今日は来てくれてありがとう!」私はすぐに御礼を言った。
「おうっ!めでたいことだしなぁ」すると……「僕からもおめでとう!実花ちゃんよ」ヤスが持っていたプーさんのぬねいぐるみで腹話術をした。あはっウケるみんな笑った。
「これさあカワイイから実花にプレゼントしようとしたらさ全然取れなくて3000円も使っちゃったよ」
「マジこいつ下手なんだもんだけど取れるまでやるって言うしよ」!「えっ本当に?ありがとう」私はヤスが一生懸命取ってくれたことがすごくうれしかった。
「おうこれは俺の努力の結晶だから大切にしろよ」……うん大切にする私はヤスからプーさんのぬいぐるみを受け取るとギュッと抱きしめた。……すごいうれしい「えっそんなに?じゃあ頑張ったかいあったよ」
よかったな!マジよかったねそんな私を見てマリオも綾ちゃん達もうれしそうだった。
そして5人で店に入った。
「じゃあ実花!ここに座っ主役だから!」て綾ちゃんに言われるがまま真ん中の席に座る。
「んで、ヤス!実花の隣に座って」おうよヤスが私の横に座る。私はドキドキし、綾ちゃんの方を見る。するとニコッり笑いガッツポーズをした。……えつ、なんかこれバレバレじゃないかな?ハルカも私を見てニヤニヤ笑っている。私は恥ずかしくてヤスの方を見れない。すると………「じゃあ今日は最初シャンパンで乾杯しようぜ」ヤスが私にメニューを見せた。
距離が近い....「あっ、みんな!何がいい?」私は恥ずかしさから逃げるように横に居るハルカに声をかけた。

爆乳に育ってやがる風俗のみではなくキいつも以上にたっぷ多くの女性が好む愛撫「えつ、実花が主役なんだから選びなよー」そうだよ~好きなの選べよ!あーうん。じゃあこれ!私は適当に指をさした。おし!これねそして頼んだシャンパンが運ばれてきた。やべっうまそうよそしてヤスがみんなのグラスに注ぐ……ほら実花ありがとう「じゃあ俺が代表で!乾杯の言葉を」ヤスがシャンパングラスを手に持った。実花!……はい私はヤスを見る。
「素敵な誕生日になりますようによカンパーイ」カチンッみんなありがとうそのヤスの言葉に続きみんなもおめでとうと祝ってくれた。
「実花ちゃん、何歳になりましたかぁ?」マリオが手をマイクのようにして私に質問をする17歳です…私は店の人に聞こえないように小声で。
うわあ若いなぁようん「シャンパンのお味はどうですか?」すごくおいしいです本当は飲んではいけない歳ですよね?あれ?……あはっ!マリオが面白おかしく質問をしてくれるので一気にテンションが上がった。みんなもマリオの言葉に笑い盛り上がる。あっそういえば!ハルカと綾ちゃんがニコッと笑う。うん?
何?
「これ2人で選んだプレゼント」綾ちゃんがバックからプレゼントを出して私に差し出してくれた。……えっ本当に?うんきっと気にいるよ開けてみてハルカがうれしそうに言った。私はすぐに袋を開けた。そこにはTIFFANYの箱が入っていた。……。えっこれ本当に?中を開けるとかわいいテディベアのネックレスが入っていた。かわいいでしょ?綾ちゃんが言った。
「うん………すこごいうれしい」私はすごくうれしかった。よかったあ「高いのに………本当ありがとうお」
「いーの特別な日なんだから」
綾ちゃんもハルカも私が喜んでいるのを見てうれしそうだった。
「てか2人とも金持ちだねー!すげーなぁTIFFANYとか!」マリオがびっくりしていた。
「えっ、いや2人でお金貯めて買ったからさぁ」綾ちゃんが気まずそうに言った。
「いやそれにしても友達にTIFFANYあげるんだもん、すごいわ!」
「……いやまあーかわいかったからさ」
「ヘえ~なんかTIFFANY貰っちゃったらヤスのプーさんなんてうれしくないでしょ?」マリオが笑いながら言った。
「いやそんなことないよ!ヤスが一生懸命取ってくれたんだもんうれしい!!」私はヤスに向かって言った。あっ、そうだよなぁよ私があまりにも真剣に言ったのでちょっとびっくりしていた。

店長と従業員のコとの業務終了後のおつきあいのことです

その姿を見て綾ちゃんもハルカもニヤっと笑う。
「いやそんな真剣に言わなくても~俺冗談で言っただけだしょ」マリオもニヤっと笑った。えっ、あっ知知ってるし……私は一気に恥ずかしくなった。きっとマリオも私がヤスに気があると思っただろう……。どうしよう。ヤスも気づいたかなぁ?そんなことを考え始めるとどんどん顔が赤くなっていった。あっシャンパンおかわり……私は下を向いたまま会話を変え、話しをそらした。
おっ主役飲め飲め
ヤスが私のグラスにシャンパンを注いでくれた。ありがとうすると……「あっ、ヤス!そういえば裕一の彼女ってこの子?」マリオがハルカを見た。
「そうそう!この子だよ!」へえ~あっ、よろしくお願いしますハルカが恥ずかしそうに下を向く。
「てかさあ出会ったその日に付き合っちゃたんでしょ?よ」マリオがニヤニヤ笑う。あっうん「えっ、裕一のどこがよかったの?」……うーんとね、顔!ハルカがハニカミ笑う。あはっ、顔?すげーな「えっ?どう言う意味?かっこよくない?」
「ぷっ!この子すごいね……」マリオがヤスを見て笑った。
「てか、運命感じたんでしょよ?」綾ちゃんが言った。本当にビビってきたんだもんうんあはは~すごいわ「いや、でも運命感じるって気持ちは俺もわかる!」
ヤスがニヤっと笑い言った。また元カノの話し?「はあ?
マリオが呆れた感じでヤスを見る。元カノ………?この前話してた女の子かな?俺は未練とかはもうないけど、あれは運命だって思ってたしな……」うんまぁな!「やっぱり?なんか出会った瞬間に運命かもって感じるよね」ハルカがノリノリでヤスに話す。
「おう!本当ね~だから今はあれ以上の恋愛ってあるのかなぁって思っちゃう……まあ、絶対見つけるけどな!」
「ヘえ~でも運命の相手ならもしかしたらまたこの先偶然に出会ったりするかもよ?」
ハルカが言った。私はそんな話しを間で聞いていて少し切なくなった……。そしたら本当に運命の相手かもしれないしな………まあな!少しヤスも切なそうだった。
「てか早くヤスは新しい恋しろよ!めんどくせー」ずっと聞いていたマリオが言った。
「いや俺だって常に恋はしてたいけどさ、なんかカワイイ子とか見て、いいなぁとかは思ったりするんだけど好きにはならないんだよね……」へぇ~それはなんで?ハルカが聞いた。
「いや、多分無意識に元カノと比べたりしちゃってるのかもしれない」
「だからそれが未練なんだろ!」マリオが言った。
「うーん。俺的には別にもう元カノと戻りたいとかは考えてねーよ」
「でもそうやってずっと想い出に浸ってるから前に進めないんだよ」別に浸ってるわけじゃねーし「でも俺から見たら未練タラタラだわ!」ヤスとマリオが喧嘩口調になっていく。
「いやいいじゃやん!そのくらいヤスは本気で恋愛してたってことだもん」
私は2人の中に割り込んだ。……。ごめんマリオがあやまる。
「ごめん、今日実花の誕生日なのに……」ヤスもあやまった。

デリヘル嬢に玉を舐騎乗位いわゆる背面騎乗位

いや全然大丈夫だよ!そしてシャンパンを一気飲みした……本当は全然大丈夫なんかじゃなかった……ヤスの言葉や気持ちにヤキモチを妬いていた………ヤスの心の中にいる彼女に私はどんなに頑張っても勝てない気がする……私は一気飲みしたグラスを置くとトイレに行った。
「………はぁーいつもトイレに逃げちゃう」私はトイレに入ると我慢していた気持ちが爆発して涙で溢れた……ヤスを想うと胸が痛い。その時だった。コンコン!!トイレのドアをノックする音。
「あっはい!入ってます!」私は慌てて言った。すると綾だけど………実花?
「綾ちゃん?ごめんすぐ出る……」いや、ちょっと心配で!……。あっうん綾ちゃんは私がヤスの横でどんどん切なくなっていたことに気づいてくれていた……私は涙を拭きトイレをでる。
ごめん……大丈夫だよ私は綾ちゃんに言った。
「いや、大丈夫じゃないでしょ?ごめんね……ハルカもヤスにいろいろ聞いたりしちゃってるし!多分酔っ払ってるからさ………」
「あはっ!本当大丈夫だって!」実花……綾ちゃんが心配そうに私を見つめる。
「……あれが今の正直なヤスの言葉だもん」私は綾ちゃんを見ずに言った。そしてそのままトイレを出て席に戻った。お待たせ私は明るく席に着いた。
今日は私のためにみんながお祝いしてくれている。それなのに私が暗かったら意味ないよ。よーし実花!飲むぞヤスがビールを頼んでくれた。じゃあもう一度乾杯しよう私が掛け声をかけた。カンパーイそして恋愛の話しも終わりみんなの将来の話しをした。こう見えてすげー子供好きで俺はねー早く結婚したいんだょね!マリオが語る。
「ヘーえそんな風に見えないね!」
まぁねそしてハルカ……「私は裕ちゃんと結婚したいそれが夢」アハハつ
私も綾ちゃんも笑う。その時だった。私は何も言わずに目を合わすマリオとヤスが目に入った。どうしたのかな?私は2人が気になった。すると綾ちゃんが話しだす。夢とかあるの?ねー!ヤスは?その質問に私もヤスを見た。
ヤスの夢って何だろう?するとヤスがタバコを吸いながら話し始めた。
「俺かあ……俺は車の整備師になりたいなあ」えっなんで?私は聞いた。
「いや普通に車が好きだからさぁ!好きなことに携わった仕事がしたいんだよね」へえなんかカッコイイねそうかあ?うんカッコイイ私は言った。ヤスの時だけ目がキラキラしてる自分に綾ちゃんもハルカもマリオもニコニコ笑い見ていた。じゃあ実花は?ヤスに聞かれる。私………?正直、今まで将来のことなんて考えたこともなかった。今が楽しければいい。それしか考えていなかった。
そしてでた答え。
「うーんとね、大好きな人の側に居られたらいいなあ」これが今思う私の正直な気持ちだ。
「ぷっ!実花、カワイイね」私の答えにヤスが笑った。えっ……なんか変?「いや!そうじゃないけど、今好きな人がいるんだなぁと思って」ヤスが言った。
あっ……その言葉にまた恥ずかしさが込み上げた。その好きな人がヤスだから……。そしてマリオが言った。てかそれってヤスだろ?えっ……?いきなりのマリオの発言に私の心臓はドキドキしている。
「はあ?すぐこいつは俺の名前出すんだよ」違うよなぁ?ヤスが笑いながら言った。アハハ………私は何も言えなかった。
「いやだってなんか実花ってすげーヤスに意識してる気するんだもん」えつ、そう?私は動揺が隠しきれない。
「はいはい!実花もうこいつの言うこと無視していいよ」ヤスが言った。……。うん本当はヤスが好きなのに言えないよ……。
そしてマリオも諦めて何も言わなくなった。そしてヤスが言った。

      マンコのびらびらを指で開き
      ペニスがすっごく気持ちいい
      言葉にならない下半


多くの女性が好む愛撫 乳首をコロコロと転がす 風俗雑誌では取り上

Published by