会話例と共にシミュ

セックスのことについてあまり知らないことが多いです

デリヘル嬢で本番

私はボソッと言った。うん……そうかもしれない実際に今日この町でしばらく連絡のなかった店長の姿があった。忘れた頃に……やってくる。前に綾ちゃんの言った言葉……。その言葉が胸に突き刺さった。そしてこの言葉が現実になる日は近かった……。私達はしばらくの間黙ったまま座っていた……その時綾ちゃんが言った。
「そう言えば………実花は何で外に出たの?」その言葉にハッとした。すっかり裕ちゃんと話したことを忘れていた。
「あっそういえば!!さっき……ヤスと会って来たんだ」
「ヤスと?デートでもしてきたの?」
「いや……ハルカのことでいろいろ聞きたいことがあってさあ」裕ちゃんのこと?「うん……。実はね……あの男……結婚してたみたいで」……。はあ??その言葉に綾ちゃんがキレた。……。ありえないでしょ?てかそれマジで??「うん……普通に自分でも認めたもん」
てか……許せない!!「でしょ?それなのに……ハルカと結婚するつもりとか言ってるんだよ?」
今の奥さんと別れて?「はあ?俺とハルカの問題だからとか言われて!」うん!!「……。マジ頭悪いんじゃないの?」
「悪すぎだよ!!だから私ハルカにそのこと言ってあんな男と別れさそうと思ってて……」
「うん!ハルカに話したの?」
「いやそれがケータイつながらなくて……」
「何だよ……じゃあ今電話してみる」そして綾ちゃんはテーブルの上に置かれたケータイを取るとハルカに電話をかけた。プルルルルルー「あっハルカ?今大丈夫?ちょっと今実花に代わるから……」ハルカに電話が繋がった。そして綾ちゃんが私にケータイを渡す。私は深呼吸をした。きっとこんな話をしたらハルカ……。ショックだろう。そう思いながらゆっくり話した。
「あっハルカ……?
あのさあ………今日ヤスに会ってきたんだけど」うん、どうしたの?どうやらまだ裕ちゃんからは聞いていないようだ。
「あのねぇ……ヤスに裕ちゃんのこと聞いてきたんだ……」あっ本当……私の様子にハルカも何かを感じた。
「落ち着いて聞いて欲しいんだけど……」……。はい
ハルカに緊張が伝わる……。
「裕ちゃんね………。本当は結婚してたんだって」
……。えつ言いたくなかった言葉……。私は綾ちゃんの顔を見る。綾ちゃんもその言葉に切ない顔をしていた……。……。うそでしょおすると電話の向こうでドンっと音がした。えっ?ハルカ……??私はすぐにハルカに問いかけた。しかし返事が返ってこない……。
「ハルカ!!大丈夫??ハルカ??」私は何度も名前を呼んだ。しかし何の返答も返ってこない……。その時だった!「………うそお!!グスン……」受話器から聞こえるハルカの泣き声だった………「ハルカ??大丈夫??ねぇ!!」何度も声をかけるが返事はない。
「どうしよう綾ちゃん!!ハルカ……泣いてる」私は綾ちゃんに電話を渡す。
「ハルカ?聞こえる?綾だけど……聞こえる?」綾ちゃんも何度もハルカに問いかけた。
しかし泣き声だけで……何も返事がない……。ダメだ綾ちゃんが電話を置いた。
………。どうしよう「実花!!すぐに裕ちゃんと連絡とって!」ええ番号わからない「……。じゃあヤスに聞いて!!」うんわかった!!そして私はすぐにヤスに電話をかけた。プルルルルー……プルルルルー……はい?実花?「あのさあ悪いんだけど裕ちゃやんの番号教えて!!」うん………どうした?「今ねハルカに裕ちゃんが結婚してた事を話したんだけど……泣いちゃって」

会話例と共にシミュ

風俗雑誌に掲載されている女の子達はあくまで写真

「……。マジかよ!わかった……じゃあメモ取って!」
「はい!ちょっと待ってて!」私は綾ちゃんのケータイを取る。大丈夫!教えて!「おう……000-0000-0000だから」私は言われた番号を綾ちゃんのケータイに打った。
ありがとう!じゃあ!私は言った。ああ………本当ごめんするとまたヤスが謝った。じゃあそして私は電話を切った。はい!これ裕ちゃんの番号!私はケータイを綾ちゃんに渡す。じゃあ綾が電話してみる!
うんお願い……そして綾ちゃんが裕ちゃんに電話をかけた。プルルルループルルルルー………はい?「あの……ハルカの友達の綾ですけど」あっ……「あのさあ!
ハルカにあんたが結婚したこと話したらものすごいショックでずっと泣いてるんだけど……?あんた何もしない気なわけ?」綾ちゃんが言った。えっハルカ………「あんたのせいで泣いてるんだよ!」う……。今俺が電話してみる「……。絶対だね?約束してよ?」うん今電話してみるそう約束すると電話を切った。
「はあ~あんな男にハルカなんて渡せないよ…」綾ちゃんはタバコに火をつけた。
「本当だよね……今だって何してたんだろう……」
「嫁と一緒にでも居たんじゃないの……?」
「……。奥さんもかわいそう……バカな日那で」
「それよりも私はあの男が逃げないかが心配だよ!」
心配って……?「だってさ…今結婚してるのに浮気相手に子供ができたなんて奥さん知ったら激怒するでしょ?あの男の性格からして……浮気してることも全て黙ってる気がする……」……。マジで?「うん……。ハルカとも結婚なんてしなそう」
「……。でも確かにそういう男ぽいよね」
「うん……私はハルカには言いにくいけど……子供おろしたほうがいいと思ってる」綾ちゃんは切なそうな顔で言った。
それはどうして………?私は聞いた。
「幸せになんてなれないから……」
「……。幸せかあ、でもきっと今のハルカなら絶対に子供を産むって言うと思うよ」
「うんそうだね……。だから余計切ないよ」
「ハルカにとって裕ちゃんは運命の相手なんだもんね……」
「うん……運命って思いたい気持ちはわかるんだけどね……」……。そうだねそして私達はハルカのことを思いながら連絡が来るのを待った。今こうして裕ちゃんのことで落ち込んでいるハルカに、店長の話もしなければいけない。こんなに人を追い込むなんて……私にはもうできないよ……。だけど言わないと……今日の女性みたいにハルカも危険な目にあってしまうかもしれない。そこからは絶対に守ってあげたい。そしてそのまま私達は朝を迎えた。

 

ペニスを少しだけしごいて硬くする

痴漢を楽しむことに対するケータイは一度も鳴っていない。ハルカからの連絡は来なかった。……。あ~眠い私の横で綾ちゃんはすでにダウンしてしまった。……。私も取眠いそしてそのまま私も横になった。
それから何時間眠っただろう………私が起きると横に眠っていた綾ちゃんの姿はなかった……。
「……。えっどこに行ったんだろう?」
私は部屋をでてフロントに居る店長に聞いた。
「店長!綾ちゃんどこ??」綾なら今仕事中だよ!!綾……?「あっなんだ!仕事中かあ」私はホッした。その時だった店長が私の顔を見て言ってきた。
「実花!すげぇー汚い顔してるぞ!!」えっ!?うそ?慌てる私に店長が鏡を差し出す。
「ほら!メイク落とさず寝てるからベべタベタだろ……」
「あっ……本当!顔汚いね……」
「そんなんじゃ彼氏にも嫌われるぞ」
「……。彼氏なんていませんから!!」えっそうなの……?うん悪かったね……結局そのままフロントの中のイスに座り店長といろいろ話しをした。
「てかさあ昨日違う店の社長に駅で声かけられたんだけどさ……なんかチラシ渡されて、女性の写真付きの。なんか借金してバックれたとか言ってたけど……もしその子が見つかって捕まっちゃったらどうなるの…?」店長ならいろんな知り合いが居るので聞いてみた。
「あーあの店のナンバー1の子の話か……」やっぱりすでにその話を知っていた。
「まぁあれはちょっと他にも理由があってさあ……その子は実は社長の恋人だったんだよ!!」
えっ?あの社長の?「うんそうだ……まぁだから余計に頭にきてるんだと思うよ」
「へえーまさかだったな。でもよく恋人だった女性のことあんなひどい形で仕打ちしようとしてるよね……」
「恋人だったから……だろう」
えっ?どういうこと?「実花はまだまだ子供だな……。だってさ赤の他人から裏切られるのと本当に愛してる人から裏切られるのどっちが辛いよ?」えっ……。それは「恋人に裏切られる方がよっぽど辛くないか?」うん……。確かにそうだよね「だろ?よく愛は憎しみに変わるとかも言うしな……」
「なんか……そんなのって怖いね……」
「でもいつか実花にだってそのくらい愛する人が現れるかもしれないよ…?」
多くの女性が好む愛撫

セックスにドラマがぜんぜんないのです……。
そうなのかなぁ
「まぁだからあの社長だって……まだ愛してるからこその怒りもあるんだよ」
「愛してるのに……。憎しみが生まれるのかあ」私にはそんな気持ちまったくわからなかった。そしてそんな話をしていると仕事を終えた綾ちゃんがお客さんを送りにカーテンから顔をだした。
「今日はありがとうまたよろしくねぇ」綾ちゃんがお客さんの手を握った。店長もフロントからありがとうございましたと声をかけた。そしてお客さんがエレベーターで帰って行く。すると一気に疲れた様子で部屋からタバコを取り私達の居るフロントにやってきた。
綾、おつかれ店長がパイプ椅子を差し出した。あーマジ疲れた!!すごい勢いでタバコを吸い始めた。
「綾~そんな事言うなよ~まだまだ頼むよよ」店長が笑いながら綾ちゃんの肩をもんだ。
「だってさぁ~今のオヤジまじ気持ち悪かったんだもん……なんか洗っても臭いし……」ぷっ……
「もう次実花が行ってきてよ~!!」
「はあ………絶対いやだから!!」
「てか実花!
早く今日もキャッチ頼むよ~」店長が言った。いや………今は無理私は綾ちゃんの顔を見た。すると綾ちゃんが店長に話し始めた。
「てか昨日さあ実花が駅で前の店の店長を見たんだって!!」……。
えっあの店の?
「うん……しばらく連絡なんか来なかったのにいきなり現れたんだよ……」
「だからさあ……なんか見つかったらやばいじゃん?」その話を聞いて店長も納得した。
「まあ確かに今見つかったらめんどくさいことになりそうだな……」
「でしょ?まぁあれはハルカのこと探してるんだけどさあ……うちら友達だしさ……」
「あの店長なら何するかわからないもん……」綾ちゃんが言った。
「うんそうだろうな……ハルカと連絡取れるのお前らだけだもんな……」
「うんそれにこの店には迷惑かけたくないし……」
「店長さぁこの店の社長とかは顔広いの??」綾ちゃんが聞いた。
「まぁ一応こういう店やってるわけだしな。

熟女風俗嬢たちはクリトリス


ヤクザとの関係は多いよな」
「ふーんやっぱりそうなんだ……」まぁな……「でも社長は全然店来ないよね~」
「私なんて1回見たくらいだよ!!」
「綾も……3回くらいかなぁ?売り上げ取りに来た時にちょっと……」
「てかそれよりさぁ!最近店の売り上げはいいの?」私は聞いた。キャッチは一応頑張ってるから減っては無いと思うけど……店に休憩しに来ると前よりも女の子達にお客さんが付いていない気がする。すると店長が売り上げ表を見て言った。
「……。最近あんまりよくないかなぁ」
やっぱりそうなんだ……「実花のキャッチに助けられてる部分が多いよ……」そんなに……?「うん!
だって最近綾も1日10万稼げない日のが多いもん!!」……。そうだよなぁ「やばいね……女の子も余ってるってこと?」うん………いいか言うなよ?すると店長がいきなり小声で話しだした。
「ぶっちゃけ今社長に女の子で売り上げ悪い奴はクビにしろって言われてるんだ……」えっ……マジで??「うん……できればクビになんてしたくないんだけどなぁ……」
売り上げが悪いから?「まぁそれが一番だけど、結局お客さんが付かなくても1日居たらいくらかお金もらえるだろ?」……。まぁそうだね「そういう金ももったいないって言われてさあ……」へぇー厳しいんだね……「まぁそうだね!売り上げ悪い奴は店には必要ないってことだからな」
「じゃあ今もう何人かクビ候補はいるの?」
「うん………ミユキとヤスヨくらいかな」
「あーまぁあの2人は辞めさせた方がいいでしょ!!」
綾ちゃんが言った。えっ何で??「だって……かわいくもないし……歳じゃん」綾~言うねぇ~店長が笑う。
「まぁでも綾の言う通りかなあの2人は本指名もないし………」
「でしょ?むしろよく面接でOKしたよね………?」
「あはっ……まぁあの時は女の子少なかったし……」はいじゃあクビ決定~J綾ちゃんが大声で言った。綾!!聞こえるだろう~こらっ!!店長が慌てて止めた。
「ぷっだって使えない奴はいる意味ないしょ」うわあ~綾ちゃん怖い「ふっ……だから実花もキャッチ減ったらクビだよ?」この店は私のキャッチがなきゃ潰れるからあはっバカじゃん!「お前ら……まあ確かに2人は店に本当に必要だからな!!」
「でしょ~?だからもっとうちらの事いたわってね?」
「はい姫達………わかりました!!」それでよろしいあはっはは私達は店長をイジメて楽しんだ。
「まぁそれにしてもお前ら外に出る時は気おつけるようにな!!」店長が言った。
「大丈夫!!そにはうちらものすごい気おつけてるから!」それならいいけど……
「私なんてさっき出かける時、店の下にタクシー呼んでサングラスまでして乗り込んだからね」実花それナイスだよ「でしょ?マジ芸能人みたいな気分だったよ」あはっ本当実花バカ~綾ちゃんと店長が笑う。
「じゃあ今日はその作戦で飲みに行こうよ」
「えっ……今日綾ちゃん飲みに行くつもり?」
「当たり前でしょ!!飲まないとやってられないよ!!」あっ……はいこうして店の閉店まで綾ちゃやんは働いた。

風俗嬢のお尻を藤木

プレイができるところもあります

風俗嬢になったワケについて私は外に出られないので……店のチラシ作りのお手伝いをした。
PM2100店長もう綾今日マジ疲れたんだけどおはあ~終わった!!最後の仕事も終わりお風呂に入りタオルを巻いてでてきた。
「……綾ちゃんいくら店長だからって一応男なんだから着替えてからきなよ」私はタオル姿の綾ちゃんに言った。
「え~綾別にそんなの気にしないもん……」そしてそのまま椅子に座りタバコを吸い始めた。今日はどこに飲みに行く??私は聞いた。
「まぁここら辺は危険だから綾の地元で飲もう!!」確かに……そうしよう「てか今日さあツッチーも呼んでいいかなぁ?」いいよ呼びなよぉ~あっ!最近綾ちゃんはツッチーとはあまり会っていないみたいだ。私はこの前泣いて話してくれたツッチーの話を少し気にしながらも……
綾ちゃんの好きな人に会えるのは私も嬉しかった。じゃあ電話してみる~そういうとタバコを吸ったまま店のベランダにでて電話をかけた。
「なんか嬉しそうだけど綾の彼氏かぁ?」店長が言った。いや好きな人だよヘえ~なんかいいなぁよ店長がニヤニヤ笑った。
店長はこれから帰宅……??「うん今日はこの後に社長とかとでかける予定だよ」そうなんだ……大変だね「そう思うだろ?本当に大変だから……」疲れきった感じだった。すると電話を終えた綾ちゃんが戻ってきた。ニコニコ笑いながら。
「ツッチー大丈夫だってじゃあ準備しよう!」うん了解~綾ちゃんはとても嬉しそうだった。それを見て店長もニヤっと笑った。
「あっお前ら本当に警戒して行動しろよ?」
「うんもちろん!安心して」
「それならいいけどっ飲みすきぎるなよ」わかったよ~うるさいな!!「じゃあ俺はこれから社長と出かけるから綾店の鍵閉めて行ってな!」
うん了解!!そして店長が出かけていくと私と綾ちゃんも準備を始めた。
「てか綾何着て行こうかなぁ~!!
あ一服買いに行きたかった……」まだ着てないでしょ?前にみんなでマルキューで買った時の服は?服?「あっそうだ!綾確かここに袋のまま置いてたはず……」綾ちゃんが店のクローゼットを開ける。やっぱりあった~あっ!「ったく……ちゃんと着なさいよ!!」
「だってそんな気合入れて出かけることそんなになかったんだもん!!」
「まぁ今日はじゃあ気合入れる日かぁ」まあねそういうと袋からワンピースを取り出しタグを切り着替えた。
あっそれカワイイじゃん「本当~綾だから似合うんだね」鏡を見ながらふざけてポージングをとる「はいはいカワフイイですね……」私は冷たく言い放った。
「実花~!!私に口応えする気?」振り向き笑いながら言った。
「てかそんなことしてると時間間に合わないよ?」その言葉に慌てて時計を見る。
「本当だぁ~!!ツッチーほど待たされるの嫌いな男いないし!」どうしよう!ならもう早く準備しな!「うん……やばいまだスッピンだし……」準備を終えた私はそんな綾ちゃんの姿を面白く見ていた。
「てか実花!マスカラ貸して~もう無かった!!」
「そのポーチに入ってるから勝手に使ってよ!」
うん借りるね
そしてなんとか綾ちゃんのメイクも終わり店を出ることにした。
「えっと……銭鍵閉めるの頼まれてたよね?」
「うん閉めたらいつもの所に置いといてって!!」
「わかった!じゃあ実花タクシー呼んじゃって!」うん……そしてタクシーを待ちながら2人でサングラスをかけて警戒した。
「いやあ~この時間人多すぎて店長が居ても気ずかなそうだよね……」
「本当!今だってもしかしたらどこかで探してるかもしれないから………怖いね」そしてタクシーが到着する。すばやくタクシーに乗り込んだ。あーマジ恐ろしい……「本当だよね……いくらうちら関係なくてもハルカの友達だもんね……」うん……するとその時綾ちゃんのケータイが鳴る。2人ともドキっとした。

Published by