セックスに関する様々な文献や意見を調べてき

下半身を触られ続け

デリヘル店に属していて
……。魔法?私にはよく意味がわからない……。
「うん………ツッチーが綾に魔法をかけてるみたいで」そっか……
それ以上聞かなかった。そして綾ちゃんはタバコを消すと、ケータイを開いた。
「あ、もしもし?今仕事終わったんだ。今日会えるよ」どうやらツッチーに電話をしたらしい。会いに行くんだ……。そして電話を終えるとそのままシャワーを浴びに向かった。
「……。私もヤャスに会いたいな」こんな時。
もう少し積極的なら……会いたいと電話ができるのに、何もできない自分がもどかしかった。私は1人ケータイを開く。着信履歴[ヤス]の名前を見つめた。ボタン押したら………会えるのに……会いたいな….結局そのまま何もできずにケータイを閉じた。そしてシャワーを浴びた綾ちゃんが部屋に戻ってくる。
「……実花、今から出かけちゃうけどごめんね!」申し訳なさそうに言った。
「いやあゆっくり楽しんできて」……。うん今日は本当に元気がない。これから大好きな人に会えるって言うのに……そして綾ちゃんは黙々とメイクを済ませた。私は横になり綾ちゃんが準備しているのを見ていた。
「……。私もヤスに会いたいんですけど!!」
え?いきなり何?綾ちゃんは驚き私の顔を見た。
「あ一私も魔法が欲しい!!」私は手を伸ばした。はぁ?バカじゃん何?「だって、これから好きな人に会うために準備してるのがうらやましいんだもん!!」口を膨らませ私はすねた。
「あはっだったらヤスに電話したらいいじゃん!!」
「……そんなこと恥ずかしいから!
だから私も魔法が欲しいの!!」
「ぷっ……魔法の使い方違うしょ」綾ちゃんが笑う。私はヤスに会いたくなる魔法やりたいんだもんえ?いいの一!!「はいはいじゃあ魔法使いなよ」綾ちゃんはそんな私をからかった。……。真剣なのに一落ち込む私。じゃあ、綾もう行くから!こんな私を置いてくの??えー!うんばーか!!!!「はいはいじゃあ行ってくるよ!」……。はいよそして綾ちゃんは出かけていった。1人になった私はハルカに電話をかけた。プルルルー…………はあい?
ハルカー今大丈夫あ?うん……泣いていたような鼻声。……何かあった?私はすぐに聞いた。うん……あのね……するとハルカが一気に泣き出した。うう………辛いよお……落ち着いて!
どうしたの?
「だってね………。うぅ……裕ちゃんが……会ってくれなくて」
「……会ってくれないってどう言うこと?」
「……なんか、週末は忙しいとか言われてさ……」本当に忙しいんじゃなくて?「え?ハルカが落ち着き始めた。
絶対嘘虚!!うう……」いや、何で嘘って思うの?「他にも女がいる気がするんだもん……」え??「裕ちゃんね、腕に革のブレスレットしてるんだけどさ……そこに[TUBASA]って彫ってあるの……」何それ!女の名前?「なんかね裕ちゃんはそのブレスレットを私に見せてきて。tubasaって将来自分が子供に付ける名前だって言ってきたの」

クリトリスをつまみながらがいい
……。ありえねー「でしょ?
そんな、男が将来子供に付ける名前とかわざわざブレスレットに彫ったりしないでしょ?」
「うん絶対しない!おかしいよ……」私も他に女がいると思った。ハルカの話を聞き、「でしょ??だから週末会えないのはその女に会うんだと思う!!」
「マジ?それが本当なら最低なんだけど……」
「あーなんかイライラしてきた……」いつの間にか泣きやんだハルカは今度は怒りでいっぱいだった。でもさ……。証拠はあるの?「……いや証拠処はまだない!けど……怪しい」
「うーん……証拠がないとね……」あっ!!その時だった。なんか証拠でもあった?え?「いや違う!まだヤスくんと連絡取ってるよね?」実花さあ、あ、うん……「あのさぁヤスくんに聞いてくれない?裕ちゃんに他に女がいないか!」ヤスに?え?「うん!友達だもん!絶対何か知ってるはず……」確かに!!それいいかもあっ、「でしょ?じゃあそうと決まったら今ヤスくんに電話してみて!」今すぐ?え?「当たり前でしょ!!じゃあわかったらすぐ連絡して!」お願いね?あ、うん……じゃあ待ってるから!ツーツーツー……。
一方的に電話を切られた。だけどハルカの言ってことが本当なら、裕ちゃんは最低だ。私はすぐにヤスに電話をかけた。プルルル…………。やばい電話してる
ハルカに頼まれたのをいいことに私はヤスに電話をかけていることにドキドキした。
8コール………プルルル……。10コール………。留守番電話に繋がった。……。忙しいのかなぁ私はケータイを閉じた。するとすぐにヤスからの着信……。はいもしもし??あ、緊張……。
「実花~?今電波なくて、どうした?」ごめん!低くハスキーなヤスの声。あ、うん今大丈夫?おう!どした?「あ、あのね……聞きたいことがあるんだけど?」
俺のこと?いや、裕ちゃやん……え、あいつが何?「あのね今ハルカと付き合ってるじゃん?」おう!「ハルカ以外で他にも付き合ってる女の子とかっていないよね?」……。どうして?「いや、ハルカがなんか気になってるみたいで………」あっそう………「週末は会えないみたいなことを言われたらしくてさぁ……」女はいねーんじゃん?そうなんだ、
ヤスも暖味な返事だった。
「……あっそう?それなら安心なんだけどさ!」てか、何でそう思ったって?「なんか、裕ちゃんの革のブレスレットにtubasaって彫ってあったのを見せられて子供に付けたい名前って聞いたらしいけど、ハルカは疑ってるみたい」
「ふーん。まあ好きな奴が言ってるんだったら信じるしかないだろう」確かにヤスに言われると妙に納得してしまった。
「俺なら好きな奴が言ってることは信じたいしね!」……ヘえすごいねなんか大人に感じた。
一応俺だって本気で恋したことだってありますから何が?……そっかあなんだかそれを聞いて私は胸がキュッってなった。ヤスがした本気の恋……すごく知りたくなった。そして私はこの勢いで勇気を持って聞いてみた。
「本気の恋ってどんなだったの……?」それを言った瞬間、また胸がキュッとなる俺の?うん……すこし間が空いた……すげー大人って感じだった!

エッチなことでいっぱいです

うん?「1つしか歳は変わらなかったけど。1人で何尊敬もできる女だったなぁ」でもできてさぁ、そのヤスの言葉に私は深い愛を感じた……。よくわからないけど……
その言葉に重みがあった。……ヘえすごいなぁそれしか言えなかった。もうそれ以上聞きたくなかったけど。ヤスは話し始めた………。
「俺さあ、両親共働きで出張とかもあったし家に1人で居ることのが多かったんだよね……」……うん「だからよく彼女を家に連れてきてたんだ。まあ……半同棲みたいな!」
……へえ知らないヤスの過去………「そんでさぁよく夕食とか作ってくれたり掃除とかもしてくれたり……よくやってくれたんだよね」
すごいねぇ………「けどさあその頃俺も夜に友達とかと遊び出掛けたりとかも多くて俺んちに彼女1人で居たりとかあって……多分俺には言わなかったけど寂しかったんだと思うんだ」.「それで結局さぁ、いきなり彼女の方から別れようみたいに言われてさぁ……」……そっかあ「なんか俺、変に自信あってさ!彼女はずっと側にいると思いこんでたんだよな。
だけど居なくなって気付いたよ、すげー大切な女だったし失った物がどんだけ大きかったかって……」ヤスの声が弱々しく、切なかった。私はその言葉を聞き自然と涙が溢れた。何で泣いたのかはわからない。だけど心に感じるものがあったんだ。うう………すごいね……私は涙声で返事をした。するとヤスがびっくりしていた。
「え?実花?泣いてるの?」
「あっ、ごめん……なんかヤスの話し聞いて……」へえ??ヤスがキョトンとしている「私そんな恋したことないから……」
「……そっかあ。でもなんか泣いてくれたの嬉しいわ」……本当?「うん、俺が誇りに思えた恋だったからな!」……そっかあ「まあ俺はだから今度はそいつ以上を見つけて絶対幸せにしてやりたいって思ってる!」今度は力強いヤスの声に私は安心した。
「なんかヤスってもっと遊び人なのかと思った……」えっ?
俺?

奥へと掻い潜ろう乳首をコロコロと転がすうん!「ヒドイなあ!まぁでも彼女いない時は遊び人かもなぁ」えっ!やっぱり?まぁ遊び人って言葉は違うけど、常に恋愛してたいって思うな!あはっそっかあ……ならよかった何がよかったの?え?「いやっ……別に!遊び人じゃなくてってこと!」私は素直にでてしまった言葉をごまかすので精一杯だった。今電話じゃなかったら、こんなに顔が赤くなってるなんて見せれないよ……そしてその後もヤスの話しをいろいろ聞き電話を切った。じゃあおやすみ!「うん長電話になってごめんな!」
「いや楽しかったから大丈夫じゃあね………」
ツーツーツー………
気付くと一時間も電話をしていた。
「……やばっハルカに電話しなきゃ!!」きっとまだ落ち込んでいる。早く電話してあげなきゃ。私はまたすぐにそのままハルカに電話をした。プルル…………「はい!何だって??」2コールも鳴らずにすぐに電話にでた。
「あっハルカ、ごめん今まで電話してて……」
「うんいいから早く結果教えて!」
「あ、うん。一応ヤスに聞いたけど彼女はいないんじゃないかなぁって言ってたよ!」
本当?嘘じゃなくて?「うん!それにヤスが好きな人が言ってることなら信じろってさ!」
「……だって、でも疑いたくもなっちゃうよ」ハルカの声が弱々しい。
「そうだよね……けどさ、ハルカの運命の相手なんでしょ?だったら絶対大丈夫だよ」……。うんまたハルカが泣いてしまった。
今回週末会えないのは本当用事が「ハルカ大丈夫?あるんだと思うよ……」うう………そっかなぁ「うん!そうだよ!2人はちゃんと恋人同士なんだから」……ありがとうハルカに伝わったのかなぁ………?うん私はいつでもハルカの味方だからさぁよマジ嬉しい………うん
そして電話を切った。そして1人いろいろ考えた。なんかみんなすごく羨ましいくらい素敵な恋愛をしているハルカは惚れぼぽいけど好きになったら一途なとこ、綾ちゃんもツッチーと一緒者にいる時のあの幸せそうな笑顔。
そして初めて聞いたヤスの過去。それに比べて私……誇れるくらいの恋愛なんてなかったよ……。だけど今もしこのドキドキがヤスに対しての本気の気持ちだったら……みんなみたいに本気でぶつかりたいなぁ。そんなことを想い、私は眠った……。きっと夢の中にヤスがでてくるかなあ翌朝………。私が目を覚ますと横には綾ちゃんが眠っていた。
「……いつ帰ってきたんだろう」コートも着たまま。バタリと倒れ眠っていた。私は自分の毛布を綾ちゃんにかけるとシャワーを浴びにいった。……はあ気持ちいい眠気が一気に覚める。すると隣のシャワールームに誰かが入った。店長かなぁ??私は特に気にもとめずに体を洗う。その時だった。

山下さんフェラだ

うう………うう……シャワーの音の中に誰の泣き声がまざる……………え?
私は一瞬手をとめると静かに声を聞いた。……ふえんやっぱり誰か泣いている。綾ちゃん……?私はすぐに体を洗うとシャワーを浴びて部屋に戻った。……やっぱりそこにさっきまで寝ていた綾ちゃんの姿がなかった。……泣いてたよなぁどうしたんだろう。
何かあったのかな?私はすごく心配になった。そして私はそのまま綾ちゃんが戻ってくるのを静かに待った。店に泊まってる女の子や店長はまだ寝ている。
その中でシャワーを浴びている音だけがずっとしていた……。いつもならすぐに出てくる綾ちゃんが今日はやけに長くも感じる……。……どうしたんだろう綾ちゃんのことで頭がいっぱいだった。20分経つ……。するとようやくシャワーの音が止まった。私は軽く緊張した。どんな顔して待ってればいいのか……綾ちゃんはどんな顔して戻ってくるのか……その時だった。部屋のドアが開く。来た……。あっ、おはよー!
私を見るといつものように話しかけてきた。あっ、おはょう……私は少しぎこちなく。
てか綾ごめんねー起こしちゃったぁ?昨日寝るの早かったから目覚めるのも早かっただけ……いや全然!「そっかあ!綾いなかったから寂しかったんでしょ?」……。ま、まぁね「はぁー喉渇いた!冷蔵庫から水出して」
実花!………うん私は冷蔵庫から水を渡すと綾ちゃんはあ~生き返るそれを一気に飲み干した。……。うん何でだろう………さっき泣き声が聞こえたのに……綾ちゃんはいつもと何も変わらない……。泣いてなかったのかなぁ?私の聞き間違い……?結局そのまま私もさっきのことを聞けないまま。綾ちゃんがいつものように明るいから………泣いていたのは聞き間違いだと思った。
「てか今日は綾さあ、昼くらいから援助しようと思ってどうせ店にいても客つくまで暇だしさぁ」まあ確かにね!その時だった。私のケータイが鳴る。[新着メール1件]誰だろう。
メールを見る。

面倒だから男がそれをしたいというならさせると最初か妾性面白い

17歳のお誕生日おめでとう。][実花ちゃん!それは親からのメールだった。……。えっ今日何日?「今日?12月11日だけど、どうしたの?」私、今日誕生日だった!「えっ実花誕生日なの?おめでとう」
「ありがとう…てか忘れてた」私今日で17歳になったんだ……。
「それじゃあ今日みんなで誕生日パーティーしようよ」
「えっ?誕生日パーティー?」
「うん。ハルカとかヤャスとか呼んでさぁよ」……恥ずかしいよ「はあ?1年に一度の大イベントじゃん。
マジやろう」……う、うんそして綾ちゃんの提案で私の17歳の誕生日パーティーをすることになった。私は親にメールを返した。[ありがとう!近いうちに家帰るから!]忘れてたよ!メール送信……。そしてボッと考えた。私、高校生なのに……毎日毎日……家にも学校にも行かずに………それなのに親は一切何も言わなかった。それが私に呆れてるからだと思っていたのに……こうして誕生日メールをくれるなんて。
私はすごく嬉しかった。
「私、ちょっと昼間に家帰ってみる!」
「えつ、そう?でも夜はパーティーするんだから、ちゃんと戻ってきてよ」うんわかったよそして私は店長に今日は休みと告げると急いで駅に向かった。うわあ~これおいしそう私はケーキ屋さんの前で立ち止まり店に入った。
「すいません!これ1つ下さい」はいこちらですね私は大きなバースデーケーキを買った。………嬉しいなぁよそしてワクワクしながらタクシーに乗り家に向かった。家に着くと私は大きな声でただいまと言った。するとびっくりした顔をしてママがでてきた。
「えっ?いきなり何よ~びっくりしたじゃない」
「いやだってさあ~誕生日だしケーキ食べようと思って」そして私はさっき買ってきたケーキをママに渡した。これどうしたの?自分で買ったえつ、自分で?「うんだっておいしそうだったから」そして私とママと2人で大きなケーキを目の前にしてローソクを立ててお祝いをした。
「もう!パパだって一緒に祝いたかったと思うよ」
「そう?じゃあこれ食べさせてあげて」
「うん、今日はまた夜からどっか行くの?」
「うん友達が私の誕生日パーティーしてくれるんだってさょ」
「へ~え。
ところでいつもどこに泊まってるのよ?」

      愛撫を見ているせい
      肉棒は女の子の唾液
      風俗やってるのを覚


乳首をコロコロと転がす 高級ソープランドや風俗店舗のサイト 風俗感覚を大切にして海外

Published by