田辺聖子先生の小説がもとになった映画です。

胸の奥を掴まれるような感覚になる、1度観たら忘れがたい映画です。

人は誰でも心に弱さやエゴイズムを持ってる。私も持っています。
エンターテイメントでそれを観るのはつらいかもしれません。
ひとときでも、現実のつらさを忘れさせてくれるのが映画でもあるから。

でも、映画から現実を突きつけられるのも、悪くありません。
ほんのひととき、こういう苦しさを抱えて生きている人が世の中に存在すること、また、自分の中にあるみっともない感情、そういうことを直視する時間が、私は好きです。

物語の全編を、池脇千鶴さんの名演が貫き、リードしてくれます。

田辺聖子先生は、現実を描ける、そしていつでも大切なことを教えて下さる、そういった、長く尊敬する女性です。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

You must be logged in to post a comment.