自分自身が麻雀を覚えるキッカケになった役ですが、九蓮宝燈(チューレンポウトウ)を一度は面前で出してみたいです。
麻雀を覚える時に見た入門書で、出したら死ぬとまで言われている役として紹介されており、とにかく出してみたいと覚えたての時は九蓮宝燈しか狙っていませんでした。
結果常に勝てない麻雀をする事になる上に、一緒に打つ方も分かりきってつまらないと言いはじめてきたので結局普通に麻雀をする様になってしまいました。
なのでゲームでは色々と融通がきく内容で出した事はありますが、実際に麻雀牌を使って出した事はありません。
もしも出たら嬉しくて本当に死ぬかもしれないですね(笑)。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

You must be logged in to post a comment.